41歳 二人目不妊
医学的な不妊の原因:年齢 
○来局時の不妊治療歴:顕微授精4回

妊娠を希望して4年。漢方で体調を整えて、病院の不妊治療の成果を出したいと来局。

 漢方による原因分析)
○足の冷え、足のむくみ、首筋のコリ、耳鳴り、めまい、オリモノが少ない、妊娠糖尿病、基礎体温などから腎虚
○軽度の生理痛、経血の塊、基礎体温、などから瘀血

方針)活血化瘀と補腎益精の2種類の漢方薬と併せて効果を高める養生法を提案。

改善結果)遠方からの相談者の方でしたので、来局できない時は電話でやりとりして調整しながら、粘り強く1年5ヶ月漢方薬を継続していただきました。42歳で妊娠し、平成29年4月に43歳で無事女児を出産されました。第一子妊娠中に妊娠糖尿病になり、二人目の時も覚悟されていたそうですが、二人目の時は妊娠糖尿病にならずにすんだそうです。産婦人科の先生もビックリだったようで何かしたのと聞かれたそうです。「自分でも思い当たるのは漢方薬を続けていたことだけなので、漢方薬にすごく感謝しています。」とおっしゃっていただき嬉しかったです。