「体づくりってどんなことをするんですか?」
と質問されることがよくあります。
何か特効薬を飲んで、妊娠する力をつけると思っている方もいますが、そうではありません。
 
ざっくり言うと、
「自分の妊娠力を上手に引き出してあげること」です。
皆さんは自分の体と向き合っていますか?

よく体外受精を何度しても妊娠できない方が、「自分がとても妊娠できるとは思えない」と言われます。不妊治療に一生懸命になるあまり、これ以上妊娠する為にどうすればいいのかわからないと思われているようです。

女性は誰でも妊娠して出産する力を持っています。ですが、様々な理由でその力を発揮出来ていないのが不妊状態です。
 
「不妊治療をしても妊娠できない=体づくりのスタートラインに立ったほうがいいよ=まだまだすること結構あるよ」
 

受精・着床するために、妊娠・出産するためにもっとも大切なことは何でしょうか?
今のままの体の状態で治療を続けて結果が大きく変わるでしょうか?

体づくりは、漢方的な見地で、妊娠する為に不足しているものを補い、余分なものを取り除き、巡りの良い状態を目指すことです。漢方薬と養生で不妊状態から抜け出すアプローチをして、妊娠力を上手に引き出してあげることです。

今あなたの体に起こっていることは結果であって、原因はすべて自分の過去によるものです。裏を返せば、これからの過ごし方でいくらでも体は良くなっていくし、これまでは自分の本来の妊娠力を引き出せていない状態で治療をしてうまくいかなかっただけだということです。
まずは、自分の状態(生理・基礎体温・便通・睡眠・疲労度など・・・)を把握し、もし身体に起きている不調があるなら、何かのシグナルです。体の状態を無視して突き進むも、今一度チェックして改善するも自分次第です。
体づくりはセルフケア・セルフメンテナンスです。
病院で出来ないことは自分で取り組んでいくしかありません。