来局時32歳 医学的な不妊の原因:なし
1人目を希望し1年6ヶ月
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法2ヶ月(クロミッド)
○不妊治療前に自然妊娠したが流産

漢方による原因分析)
○背中の冷え、足のむくみ、夜中トイレに毎日起きる、腰痛、無苔暗紅、AMH1.04ng/ml、生理周期が短い、などから腎虚(陰>陽)
○手足先の冷え、便秘、動悸、経血の塊(+)、暗紅紫舌、舌下静脈怒張などから瘀血
○経血量少ない、肌の乾燥、爪が割れやすいなど血虚
方針)補腎と養血をしながら活血化瘀して自然妊娠を目指す。排卵誘発剤を使っての治療も継続していく。

改善結果)
亀板膠製品と杞菊地黄丸と当帰製剤と丹参製剤の組み合わせで開始。
1~4ヶ月目、体調などで漢方薬を調整しながら病院のタイミング療法を続ける。
5~6ヶ月、補腎の生薬を亀板膠製品と杞菊地黄丸から牡蠣肉製品に変えてタイミングを続ける。
7~9ヶ月目、治療を休んで漢方薬だけで体づくりをしていく。
10~12ヶ月目、新しい不妊治療クリニックで検査受けたら子宮内ポリープが見つかる。漢方は腫瘤の破血目的で水蛭製品を追加。
13~14ヶ月目、クリニックから体外受精を勧められ採卵にむけて体づくり。漢方は水蛭製品から亀板膠製品に変更以外は同じ。
15ヶ月目、低刺激にて5個採卵。体外受精・顕微授精にて1個新鮮胚移植し、胎嚢確認にて妊娠。4BBの胚盤胞は凍結。その後、牡蠣肉製品と安胎薬を継続。
16ヶ月目、その後経過順調で不妊治療専門クリニックを卒業。

体調、脈、舌、基礎体温など改善し、自然妊娠できる状態になってからなかなか妊娠しなかったため、体外受精のチャレンジされました。
体づくりがしっかり出来ていたので、1回の採卵で妊娠できました。
また、グレードの良い胚盤胞も凍結できたので、今後のためにも良かったと思います。