来局時36歳 医学的な不妊の原因:子宮内膜症、チョコレート嚢胞、潜在性高プロラクチン血症
 1人目を希望し3年
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法12ヶ月、人工授精2回、顕微授精1回

漢方による原因分析)
○夜のトイレ、足のむくみ、腰痛、首筋のこり、髪の質感、採卵の個数などから腎虚
○子宮内膜症、肩こり、ひどい生理痛、経血の塊、舌、脈などから瘀血

方針)活血化瘀、補腎充精

改善結果)
2種類漢方薬製品を4ヶ月服用。体調変化が乏しくやや血虚があるため養血調経の漢方薬製品を1種追加。
8ヶ月目で生理痛がほとんどなくなる。その後も漢方薬を続けながら、タイミング療法や人工授精を継続するも妊娠しないため一旦治療を中止し漢方薬のみ継続。
その後、治療をステップアップして体外(顕微)受精することに。煎じ薬(種子方加減)と亀板・鼈甲製品を2ヶ月続けてから採卵。
採卵数 前回(漢方薬開始以前)2個⇒今回13個に増え、うち受精卵10個。グレードの良い受精卵複数ができた。
4個を凍結。2個を新鮮胚移植⇒陰性。
凍結胚移植にむけた子宮内環境づくりに取り組むため、煎じ薬は三稜・莪朮の破血薬を使用し、亀板・鼈甲製品を増量。移植2週間前~移植日までは破血の水蛭製品を追加。また、補腎を亀板・鼈甲製品から温腎の紫河車製品に変更し、1回目の凍結胚移植⇒陰性。
中国では、胚移植の反復失敗例は子宮内膜の感受性低下があると考えて益腎気通胞脈の二補助育湯を使って治療するので、これを参考に10味の生薬を選んだ煎じ薬と亀板・鼈甲製品を継続。(二補助育湯の組成は補骨脂・葛根・升麻・巴戟天・桑寄生・続断・牛膝・何首烏・鶏血籐・鬱金)
調整しながら4ヶ月継続し、2回目の凍結胚移植⇒陽性。後に胎嚢確認。
安胎処方に切り替える。

目標達成まで28ヶ月かかりました。来局する前から合わせると不妊期間は5年4ヶ月です。諦めずに頑張ってきた結果がでて本当に良かったです。これまでで最長期間の妊娠例で、私自身も改善できる方法はないか中医学の書籍を読みあさり成長させて頂きました。今後はこの方と同じような胚移植の反復失敗例に二補助育湯を追試して効果を検討したいと思います。

34歳 医学的な不妊の原因:チョコレート嚢胞、子宮内膜症、AMH低い(40代の数値)一人目を希望して2年6ヶ月
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法12回

漢方による原因分析)
○冷え、むくみ、めまい、首筋のこり、腰痛、疲れると血尿、チョコレート嚢胞、基礎体温などから腎虚
○頭痛、末端の冷え、経血の塊、イライラしやすい、肌のシミ、子宮内膜症、舌、基礎体温から瘀血
○汗をかかない、肌の乾燥、眼精疲労、血虚、
方針)養血化瘀、補腎温陽
腎を補い妊娠力をつける亀板膠・鼈甲膠と養血化瘀で芎帰調血飲を基本処方で温補腎陽の桂皮を加味し、不要な大棗などを減らしました。

改善結果)
漢方薬開始して1ヶ月目から体調も改善していき処方の生薬を妊娠力を効率よくつけるために調整していきました。服用3ヶ月目に1回目の人工授精で陽性反応。その後「胎嚢確認できました」と連絡頂きました。
婦人科の先生から「AMHは40代の数値なのに、1回目の人工授精で妊娠できてすごいね」とびっくりされたとのこと。相談者から漢方薬でカラダづくりしていたおかげです、と喜んでいただけて私も嬉しかったです。

卵巣嚢腫があり倦怠感がひどいということで漢方相談に来られた方が漢方薬を服用して2週間で倦怠感が改善されてきたとのことでした。

漢方を標榜している病院にかかっていたが効果がみられないということで来局された方で、効果に時間がかかるかなと思っていました。
比較的短期間で改善の兆しが出てきたので良かったです。
また、もともと便秘気味だったのが、毎日軟便でお通じがあるようになったとのこでした。
そのため今回は潤腸作用のある桃仁の量を減らしました。
また、夏のせいか食欲が落ちているとのことなので、
補腎養血作用の熟地黄は胃腸への負担がありますが量は減らしたくなかったので、副作用予防の縮砂を足しました。それと白朮を足して様子を見ようと思います。
少しずつ体調を見ながら調整して漢方専門薬局に来て良かったと感じてもらえるようにしたいです。

余談ですが、下の写真の赤い生薬は紅花といいます。瘀血をとるためによく使われる生薬です。
キク科のベニバナの管状花です。匂いが独特です。煎じ機にかけていると室内に充満して妻からは気分が悪くなると言われます。しかし、この生薬が必要な体の方は、匂いが気にならず普通に煎じ薬が飲めるようです。不思議です。

1468984772794-784578757

めまい・倦怠感を減らして欲しいというご相談でした。
病院で子宮内膜症性卵巣嚢腫と診断されホルモン剤による治療をしているが、めまいなどがつらく日常生活に支障をきたしているとのことでした。

中医学の分析では、腎虚と血虚がひどい状態でした。
そのため漢方薬の治療方針は、補腎養血と嚢胞を改善する活血化瘀になります。
養血と化瘀の割合が重要です。
めまい・倦怠感を早く改善するために養血の割合を高くしすぎると瘀血がとれにくくなりチョコレート嚢腫に良くありません。
かといって瘀血をとる生薬を使いすぎるとめまい・倦怠感がひどくなる可能性があります。
今後体調を確認しながら漢方薬の調整をしていこうと思っています。

写真の生薬を煎じて、かすを取り除いてから養血作用の高い阿膠を溶かします。

14677878107561459672856