無月経の相談。
流産手術後生理が来なくなる。病院でHCG注射を打っても生理が来ない。念のため子宮鏡検査をしたが異常はなし。その後、再度HCG注射を打つが生理がないまま数ヶ月経過。
このままずっと来ないのではないかと心配され来局。

全身症状を確認し分析したところ、肝腎陰虚と瘀血が原因による無月経と考えられました。
養血化瘀の桃紅四物湯を基本処方に生薬を加減し、効果を早めるため亀板・鹿角の動物製品を追加しました。

漢方開始1ヶ月目で、バラバラだった基礎体温が2相になる。体温が下降してから1滴ほど鮮血があったとのこと。
もう一押しの状態まできているので、さらに処方を調整。瘀血をとる生薬は、使いすぎると体力を消耗し陰虚タイプの場合は悪化しかねないため、桃仁・紅花・丹参を補腎作用もある牛膝に変更。腰痛が続いていたので補腎の杜仲、養血補腎の何首烏、疏肝理気の香附子を追加しました。
1ヶ月後、久しぶりに出血量がしっかりある生理が来たとのこと。

西洋医学的治療では改善しなかった無月経。適切な漢方薬で解決することができました。
漢方の服用で無月経だけでなく体調が良くなったので、相談者から「漢方薬を選んで良かったです。」と大変喜んでいただきました。私も嬉しかったです。

体内の不足によって起こる無月経には、瘀血をなくすことより、補充を優先することが大切だと改めて感じました。今後の漢方治療に役立てていこうと思います。

さつま薬局 子宝便り vol.22発行しました。

今月のテーマは”「肝」の働き”です。

漢方でいう「肝」は、単に肝臓だけの意味ではなく、「気血」の巡りに関係しています。
自律神経のバランスに影響するので、妊娠出産に深く関係しています。

ストレスで生理周期や排卵が乱れるのは、ストレスが「肝」の働きに影響するためです。
これにより血流量の調節がスムーズにできなくなり、生理トラブルや月経前症候群(PMS)、基礎体温の乱れの原因になります。また、排卵がスムーズにできなくなったり、卵巣の働きや子宮の状態にも影響を及ぼしてしまいます。男性の場合は精子を作る機能が低下してしまいます。

春は一年で最も「肝」が影響を受けやすい季節です。ストレスをためないように心がけを。

そのほか妊活に役立つ情報をお届けしています。
4月1日より配布いたしております。

少しずつ暖かくなり過ごしやすい時期になってきました。
春は生命力や陽のパワーに満ちています。
一方で、急激な気温の上昇により体調が安定しなかったり、精神的に不安定になる方も多いです。

さつま薬局 子宝便り vol.21 発行しました。

今月のテーマは「陰陽のバランス」です。
漢方ならではの「陰」「陽」の考え。
東洋医学のベースとなる考え方で、宇宙のあらゆるものを「陰」「陽」のふたつの側面から解釈します。
「陰」と「陽」はお互いに影響し合ってバランスをとっています。お互いに補い合う関係です。

例えば
陽・・・男、太陽、天、乾燥
陰・・・女、月、地、湿潤

漢方とは、症状をピンポイントに診て治療するのではなく、全体を診て「足りない物は何か」「過ぎたるは何か」を探し、「足りない物は補う」「過ぎたるものはそぎ落とす」という対処をしながら正しいバランスを目指す養生法です。
妊娠しやすい状態とは、このバランスがうまくとれた状態ということです。

そのほか妊活に役立つ情報をお届けしています。
3月1日より配布いたしております。

2月4日は立春。
暦のうえでは春の始まりですが、まだまだ寒さは厳しいですね。

さつま薬局 子宝便り vol.20 発行しました。

今月のテーマは「舌診(ぜっしん)」です。
漢方ならではの診断法である「舌診」。
東洋医学では、古くからその人の第一印象や、声の調子、舌の状態、脈の感触などの身体の表面に現れる変化を細かく観察し、身体のどの部分に問題があるのかや、その重症度などを判断し、治療の目安としてきました。

「舌診」とは舌の状態をチェックして今の状態を探ることです。
現代医学的には同じ病名であっても、舌の状態は同じではありません。
不妊症の場合も同様であり、相談者の舌の状態は処方を決める目安となります。

そのほか妊活に役立つ情報をお届けしています。
2月1日より配布いたしております。

2月のリビングカルチャー倶楽部漢方教室開催が決定しました。
今回のテーマは「エイジングケア」
1回目は「漢方の基礎知識と体質チェック」
2回目は「美肌美髪を目指す実践編」
薬膳茶を飲みながらリラックスした気分で受講できますよ。

女性限定。
事前に申し込みが必要です。
詳しくはリビングかごしま(1月21日発行)に掲載されています。

詳しくはコチラから

 

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さつま薬局 子宝便り vol.19 発行しました。

今月のテーマは「胃腸を整える」です。
年末年始の慌ただしさや暴飲暴食などで、胃腸の疲れを感じる方が多い時期です。
遺伝学的にみて日本人は世界の中でも胃腸が弱い(脾虚)民族であると言われています。
胃腸の働きを整えると栄養吸収力が向上し、血液の質が強化され、様々な不調を改善することが出来ます。

そのほか妊活に役立つ情報をお届けしています。

1月4日より配布いたしております。