35歳 女性、骨髄異形成症候群(MDS)、煎じ薬を初めて約1年6ヶ月。
血小板が年々低下しているのでそれを防ぎたいということで漢方薬で体づくりをしています。
《2017年3月の検査値》
血小板37 赤血球 3.28 白血球 5.2 ヘモグロビン 12.1
《2018年3月の検査値》
血小板60 赤血球 3.19 白血球 4.0 ヘモグロビン 11.3

現在のところ、漢方薬で体を整え血小板数の低下を防ぎ、輸血や服薬をせずに過ごすという目的は果たせています。また自覚症状としては以前より食欲が出てきて倦怠感がなくなり、生理周期が40日⇒30日になっています。なにより生活の質が改善できていることを満足していただいてます。今後はもっと体のバランスを整え造血機能を回復させていきたいです。
煎じ薬は前回の帰脾湯加鶏血籐阿膠に、口唇の出血斑や頭部湿疹があるため化瘀と清虚熱目的で丹参と知母を加えました。併せて杞菊地黄丸・牡蠣肉エキス・紫河車製品・亀板鼈甲膠製品も継続です。

 

もうすぐ3ヶ月の可愛い女の子です。ご家族で遊びにきてくれました!

漢方で体づくりを頑張られて無事に出産されました。
産後も体力回復のために漢方サプリ続け、おやつとして上のお子さんと一緒にナツメを摂られています。
元気に子育てを楽しんでいただきたいです。

赤ちゃんの何ともいえない良い匂いとムチムチの感触はいいですね。元気をもらいました(^_^)

10代から続く無月経の体質改善で来局。32歳 
医学的な原因:20歳頃は多嚢胞性卵巣症候群、25歳頃は卵巣機能低下
1年に1回しか生理が来ない。

全身症状を確認し分析したところ、
○下半身の冷え、睡眠の質の低下、夜のトイレ、口内炎がよくできる、内出血ができやすい、排便の状態、初潮以降続く無月経、舌・脈などから脾腎両虚
○肩こり、頭痛、舌などから弱い瘀血
などが原因による無月経と考えられました。
体のバランスが乱れ女性ホルモンが作用しにくい状態になり生理が来なくなっているので、脾を補い腎を強くし、血を巡らすことで定期的に生理が来る体を目指します。
煎じ薬は気血双補の帰脾湯を基本処方とし、補腎の熟地黄・疏肝理気の香附子を加えた処方でまず1ヶ月様子を見る。同時に再度西洋医学的な検査を受けることと強制的消退出血を起こしてもらうため婦人科の受診してもらい、ホルモン検査では異常はみられなかった。
煎じ薬で体の症状は徐々に改善しているので生薬を加減しながら4ヶ月継続。その間に病院でホルモン剤を使って2周期生理を起こす。
脾虚は改善してきたものの、基礎体温が全体的に低く長期間の無月経の状態があるため腎虚の改善を強化するため煎じ薬は十全大補湯加附子とし、更に動物生薬の亀板鼈甲膠製品を追加。更に微調整しながら4ヶ月継続したところ、ピンク色の少量の出血と下腹部の鈍痛がありもう少しで生理がきそうな感覚であるとのこと。煎じ薬は牛膝、益母草、紅花などの活血薬を増やし、動物生薬は紫河車製品に変更しました。
不正出血から3週間後、しっかりした出血の生理がくる。生理痛もほとんど無く「ホルモン剤で生理を起こした時と違い、経血の色も綺麗でした。初めてちゃんとした生理がきた気がします」と喜んでいただけました。

時間はかかりましたが、生まれて初めて女性本来の自然な生理を起こせました。。
西洋医学では生理を起こすことが目的になりますが、漢方は女性としての健康度を上げることで自然と生理が起こる体になることを目指します。

今回は脾虚を先に改善し、血の運搬力をあげるため帰脾湯を選びました。養心安神作用があり血虚不眠に効果のある酸棗仁が入っており、養陰収汗作用もあるため汗をかきやすい相談者にはピッタリの生薬です。そのため体調自体は早く改善できたのだと考えています。

お問い合わせが多かったので、オンラインショップでも購入していただけるようになりました。
なつめは生薬名を「大棗(たいそう)」といい、漢方薬の原料や食品として重宝されています。
ドライフルーツとしてそのまま食べられ、鉄分・葉酸の補充し貧血予防に適しています。
1日2~3粒を目安におやつとして。中に種がありますので注意してくださいね。

過去の記事「妊活中にオススメのドライフルーツ」はコチラへ

さつま薬局オンラインショップはコチラへ

 

鹿児島県は離島が多いです。
そのため、「妊娠するために体づくりがしたいけど薬局に通えないがどうですか?」というお問い合わせをよくいただきます。
実際にさつま薬局鹿児島本店には、片道2時間以上かけて通われている方やフェリーを利用して通われる方も少なくありません。
また関東や関西からも漢方薬を購入したいというご連絡をいただきます。
来局されない方への漢方薬の販売は全てお断りさせていただいてますが、せっかく頼りにしていただいてるのでなんとかお役に立ちたいと思っています。

妊娠するための近道は健康度を上げ子孫を残すためのエネルギーに回るようにすることです。
正しいセルフメンテナンスで体のベースを整えることは、妊娠力アップの鍵です。
さつま薬局では、来局するのは難しいけれど、自分で出来ることは取り組みたいという方を応援します。
また、漢方薬を始める前の段階として体のベースと整えたいという方にもお薦めできるものをと考えています。
気軽に始められるように価格を抑えることだけが目的でなく、それだけでも成果がでるように品質を保ちながら漢方薬よりも始めやすい価格になるようにしたいと思っています。。
準備ができ次第オンラインショップで購入できるようにいたしますので、よろしくお願いします。

煎じ薬の受付は12月27日(水)まで。
年内の営業は12月28日(木)まで。

12月29日~1月5日 休業

1月6日(土)~ 通常営業です。(7日、8日は祝祭日につき休業日です)

休業期間中は電話予約・注文・お問い合わせはできません。
ホームページからのご予約はできます。
※漢方薬の残薬のチェックをよろしくお願いします。

ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願いします。

来局時34歳 医学的な不妊の原因:両卵管閉塞、AMHが低い(0.99ng/ml)
1人目を希望し1年
○来局時の不妊治療歴:なし

漢方による原因分析)
○お腹の冷え、足のむくみ、難聴、低いAMH、基礎体温などから腎虚
○卵管閉塞、軽い生理痛、経血の塊、舌、基礎体温などから瘀血
○手足の汗、イライラしやすい、舌、脈から肝鬱

方針)漢方で体づくりをしてから体外受精をする計画。活血化瘀、補腎充精、疏肝理気。

改善結果)
芎帰調血飲加青皮白芍の煎じ薬、亀板膠製品、水蛭製品を服用開始1ヶ月目で生理痛が改善。
2ヶ月目は、煎じ薬は破気薬など減らし肉従蓉などを加え、水蛭製品を中止し亀板膠を倍量に変更。
翌周期で採卵。5個受精卵ができうち分割が進んだのは2個。1個はその周期で新鮮胚移植したが着床せず。残りの1個は胚盤胞まで分割し凍結する。
移植に向けての体を整えるため、補陽のため桂皮などを追加し動物生薬を鹿茸製品に変更。更に効果を上げるためスクワレン製品を追加。2ヶ月後に凍結胚移植⇒妊娠反応陽性。その後胎嚢確認し、安胎処方に切り替える。

AMHが低いため(40代の数値)、体外受精は採卵個数を増やすより質の良い卵が採れることを目標としました。
採卵個数は予想より多かったのですが、新鮮胚移植では残念な結果でした。その後の凍結胚移植は漢方薬で体を整えて臨み、無事妊娠できました。
この相談者のように採卵スケジュールがすでに決まっていて短期間で体を整えたい時は、通常より多めに漢方薬を使った方が良いと感じます。中医学理論では補腎活血がベースですが、病院の治療の効果を高めるために、体質によって使う生薬を加減する事が大切です。瘀血の場所による活血薬の使いわけ、疏肝薬の使う時期、治療周期による補腎薬の種類や量の使い分けが適正だったのだと思います。再現性を高めるため追試していきます。

来局時28歳 医学的な不妊の原因:なし 一人目を希望して1年4ヶ月
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法4回

漢方による原因分析)
○足の冷え、むくみ、首筋のこり、基礎体温などから腎虚
○基礎体温、舌などから軽い瘀血
方針)養血化瘀、補腎温陽
養血の四物湯に活血の丹参・鶏血籐、補腎の女貞子・山薬、化痰理気の陳皮を加味し、亀板膠・鼈甲膠製品を併用。

改善結果)
高温期の立ち上がりが良くなるように、肉従蓉や淫羊藿などの補腎陽薬と疏肝薬などを試しながら調整しました。基礎体温が比較的綺麗になってきた服用11ヶ月目に自然妊娠。その後胎嚢確認し、安胎薬に切り替える。

漢方薬での体づくり期間が11ヶ月となり、相談者から「そろそろ体外受精を考えています。」と話されていたところでの自然妊娠でした。できるだけ早く妊娠していただきたいので、自然妊娠、体外受精のどちらの方法でも良いと考えています。このご夫婦はまずは自然妊娠を目指したいと頑張られていました。目標達成のサポートできて良かったと思います。

来局時39歳 医学的な不妊の原因:卵巣嚢腫、潜在性高プロラクチン血症、AMHが低い(0.3ng/ml)、卵巣機能低下(FSHが高い)
1人目を希望し4年
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法6ヶ月、人工授精1回、顕微授精2回

漢方による原因分析)
○体の冷え、足のむくみ、腰痛、首筋のこり、膀胱炎になりやすい、採卵の個数が少ない、舌、基礎体温、年齢などから腎虚
○頭痛、肩こり、ひどい生理痛、舌、基礎体温などから瘀血
○よく汗が出る、胃がもたれる、便秘、疲れやすい、目の疲れ、子宮内膜が薄い、舌、脈から気血両虚

方針)漢方をしばらく続けてから顕微授精をする計画。活血化瘀、補腎充精、補気養血。

改善結果)
漢方製品を組み合わせて服用開始。まもなく生理時に鎮痛剤を飲まないで過ごせるようになる。
6ヶ月継続後、1回目の採卵。8分割胚(グレード2~3)を1個凍結。その後2ヶ月製品の組み合わせを続けるも、脈弱が改善されないため煎じ薬(種子方加減)と亀板鼈甲製品に切り替える。2ヶ月継続後に凍結胚移植⇒陰性。
3ヶ月継続後、2回目の採卵。1個採卵でき授精したが分割が止まる。動物性生薬を紫河車製品と牡蠣肉製品に変更。ご主人も漢方薬の服用を始める。
3ヶ月継続後、3回目の採卵。2個採卵でき8分割胚(グレード1)と胚盤胞(4BC)を凍結。AMHが低いのでひき続き採卵することに。
3ヶ月継続後、4回目の採卵。1個採卵でき授精するも分割停止。採卵は中止して移植をすることに。
4ヶ月継続後、凍結胚移植⇒妊娠反応陽性、その後胎嚢心拍確認。
安胎処方に切り替える。

30代から数年間不妊治療をして、40歳になるタイミングで漢方薬を始められました。来局以前から顕微授精をされていましたが、AMHが低く、採卵が難しい状況でした。年齢やAMH低いなどで焦る気持ちもあったと思いますが、地道にこつこつと体づくりを頑張って、漢方薬で1年10ヶ月かけて無事妊娠されました。悪い条件ながら諦めずに努力を続けた結果です。
AMHが低い場合でも、体を整え自身の妊娠力を上手に引き出してあげることで、限られたチャンスを活かすことが大切だと思います。