男性の不妊症に対しては、有効な西洋医学的治療法が確立されていません。
男性不妊の場合、これといった自覚症状もなく、病院からの漢方薬を服用されていらっしゃる場合もありますが、ほとんどの方は効果を実感していません。

ですが、これまでの経験から漢方は男性不妊と相性が良いと思います。
ただし、その方に合った効果の高い生薬を選んで使うことが重要です。
精子濃度・運動率を改善したいということであれば、比較的短い期間で数値を改善できる場合が多いと思います。
男性の場合、女性の妊娠のメカニズムほど複雑ではないので、費用も女性に比べると少ないことがほとんどです。

【35歳精子濃度・運動率が低く、顕微授精を3回するが上手くいかない】

なるべく短期間で成果をだす為には、積極的に動物性生薬を使用します。
この相談者には、中国で生殖機能減退改善に使用される漢方を日本人の体質に改良した漢方薬を服用してもらい、加えて生活上の養生をアドバイスをしました。
約2ヶ月後に再検査したところ、
精子濃度⇒約5倍
運動率⇒約3倍
に改善しました。
その後の顕微授精でグレードの良い受精卵ができ、妊娠されました。