南日本新聞フェリア  特集「漢方・薬膳で健やかに」 さつま薬局のインタビューが掲載されました。 南日本新聞フェリア電子版から記事をご覧になれます。3面です。⇒こちらへ   内容 特集記事 特集「漢方・薬膳で健や続きを読む

着床前検査(PGT-A)については、2022年4月の不妊治療の保険化に伴い、日本産科婦人科学会で先進医療の申請を行なっていました。 しかしながら、申請していた先進医療Aから除外され、かなりハードルが高い先進医療Bでの申請続きを読む

南日本新聞フェリア  特集「妊娠と不妊症のはなし」 さつま薬局薬剤師 田之上顕子のインタビューが掲載されました。 この特集は、さつま薬局が南日本新聞フェリア編集部に、 「不妊についてはまだまだ情報が少ないので、地域の情報続きを読む

「着床前検査」とは、体外受精の受精卵の染色体に異常がないか調べる検査のことです。受精卵の細胞の一部を取り出し、染色体数に過不足がないかを調べるもので、PGT-A(着床前胚染色体異数性検査)と呼ばれています。 これまでは研続きを読む

雑誌「赤ちゃんが欲しい 不妊治療クリニックガイド決定版(主婦の友生活シリーズ) 」に掲載された、 さつま薬局利用者のクチコミをご紹介します! 掲載されたクチコミは、編集部に直接届けられたアンケートの一部を抜粋したものです続きを読む

一般的に連続2回の流産を反復流産といい、3回以上繰り返す場合を習慣性流産といいます。 自然流産は、全妊娠の約15~20%に起こり、その約8割を占める妊娠12週までに起こる初期流産の多くは胎児の染色体異常によるもので、病的続きを読む

鹿児島県内・鹿児島市で体外受精・顕微授精などの不妊治療(高度生殖医療)を行っているおもな病院・クリニックをまとめてみました。(2021年7月末現在の情報ですので、変更の可能性があります) 松田ウイメンズクリニック  天文続きを読む

男性不妊の方で、精液検査で精液量・精子濃度・精子運動率などが基準値を大きく下回る数値であるため、顕微授精をしなければ妊娠は難しいと診断された方。 「治療前に少しでも良い状態になるように、漢方薬で体を整えたい」というご相談続きを読む

受精卵の着床が上手くいかないのは、漢方では瘀血(おけつ)が影響していることがほとんどです。 瘀血とは、慢性的な血行不良、血流の滞りで経血が劣化したような状態になっていることです。 瘀血のおもな原因は、 ○冷えや血行不良に続きを読む

雑誌「赤ちゃんが欲しい クリニックガイド2021 (2021/1/31発売)」に掲載された、 さつま薬局利用者のクチコミをご紹介します! 掲載されたクチコミは、編集部に直接届けられたアンケートの一部を抜粋したものです。 続きを読む

妊活漢方サプリ 氣宝珠(きほうじゅ)

最新のお知らせ

カテゴリー

田之上晃ブログ
メディア紹介
マイベストプロ鹿児島
さつま薬局 Facebookページ
さつま薬局バルトリン腺炎インスタグラム
さつま薬局オンラインショップ