体外受精を何度も失敗している不妊症

採卵が上手くいかない(採卵できない/変性卵)

採卵できない、採れても変性卵であったり、受精後に成長が止まったり、採卵が上手くいかないないため胚移植まで治療が勧められない場合。とくに高齢だったりやAMHが低い場合は治療の継続が難しくなってきます。漢方薬でAMHを上げることはできませんが、これまでの経験から漢方で体を整えていくことにより、採卵の結果が改善したという例は数多くあります。卵子は通常3~6ヶ月かけて体内でゆっくり成長し排卵されます。卵の育ちや卵子の質は、この期間の体の状態(ホルモンや血液、自律神経のバランスなど)の影響をうけています。

胚移植しても妊娠しない(移植の反復失敗/着床障害)

何度も胚移植をしているのに妊娠しない場合、受精卵の質もありますが、子宮環境の問題による着床障害の場合も少なくありません。漢方でのアプローチは子宮内の血液の質をあげて血液量も増やし、着床を邪魔する瘀血を取り除くアプローチをします。また、受精卵をスムーズに受け入れるためでに自律神経のバランスをとっていきます。体外受精・顕微授精の場合、治療のストレスや移植後妊娠判定までの期間にかかるストレスなどで自律神経のバランスが乱れやすく、知らず知らずのうちに着床に不利な体の状態になっていることがあります。漢方でストレスケアをすることで、妊娠しやすい心身ともにゆったりとした状態へ導きます。

体外受精・顕微授精に備えた体づくり~漢方3ヶ月で体の準備を~

体外受精・顕微授精は素晴らしい治療法ですが、身体的・精神的・経済的にとても負担の大きいです。卵子の老化の問題などで、早く治療を進めなければと焦ってしまうより、しっかり準備し体を整えてから望んで欲しいと思います。

体外受精を何度も失敗している不妊症

東洋学術出版社の中医臨床12月号「体外受精を何度も失敗している不妊症」の症例検討で投稿しています。 西洋医学では受精はできても、その胚を着床させることまではできません。 卵子と精子の質が悪くできた胚に問題がある、または受け入れる子宮内膜の状態に問題がある、などの理由から着床できない可能性があります。

漢方・中医学では、体のバランスを整えることで卵や子宮内膜の質を改善していきます。 西洋医学的の苦手な部分を漢方・中医学で補うことで妊娠率を高めていきます。

今回の場合は、中医学では以下のように考えられます。

中医

西洋医学で治療しても結果がでないときは、漢方・中医学で体を養って妊娠率を上げてもらいたいです。

※当薬局での改善例はこちら

習慣性流産

中医臨床3月号5回流産を繰り返している習慣性流産の方の症例検討です。 西洋医学的な検査では異常が認められない方です。 西洋医学では運に任せてダメなら回数をこなしていくしかありません。

妊娠を維持するための生理機能を高めることは西洋医学は苦手ですが、東洋医学が得意な分野です。 西洋医学的には原因不明でも東洋医学では、体の臓器のバランスの崩れが、症状を引き起こしていると考えます。 そして、その原因を探るための診察法が研究されてきました。

その分析法を用いて原因を解決するための漢方薬を決めて治療していきます。 それが以下になります。

習慣性流産に対しての中医学的方法

西洋医学で治療しても結果がでないときは、東洋医学という選択があることをもっとたくさんの方に知ってほしいです。