無月経の相談。
流産手術後生理が来なくなる。病院でHCG注射を打っても生理が来ない。念のため子宮鏡検査をしたが異常はなし。その後、再度HCG注射を打つが生理がないまま数ヶ月経過。
このままずっと来ないのではないかと心配され来局。

全身症状を確認し分析したところ、肝腎陰虚と瘀血が原因による無月経と考えられました。
養血化瘀の桃紅四物湯を基本処方に生薬を加減し、効果を早めるため亀板・鹿角の動物製品を追加しました。

漢方開始1ヶ月目で、バラバラだった基礎体温が2相になる。体温が下降してから1滴ほど鮮血があったとのこと。
もう一押しの状態まできているので、さらに処方を調整。瘀血をとる生薬は、使いすぎると体力を消耗し陰虚タイプの場合は悪化しかねないため、桃仁・紅花・丹参を補腎作用もある牛膝に変更。腰痛が続いていたので補腎の杜仲、養血補腎の何首烏、疏肝理気の香附子を追加しました。
1ヶ月後、久しぶりに出血量がしっかりある生理が来たとのこと。

西洋医学的治療では改善しなかった無月経。適切な漢方薬で解決することができました。
漢方の服用で無月経だけでなく体調が良くなったので、相談者から「漢方薬を選んで良かったです。」と大変喜んでいただきました。私も嬉しかったです。

体内の不足によって起こる無月経には、瘀血をなくすことより、補充を優先することが大切だと改めて感じました。今後の漢方治療に役立てていこうと思います。