相談時の症状)
20年前に左側のバルトリン腺膿瘍を発症し大学病院で開窓術をうけた。
10年前に右側も発症。3年程前から頻繁に腫れるようになり、病院で穿刺を繰り返している。1週間前に穿刺したばかりだが再び腫れてきて痛い。
病院からは再度開窓術を勧められているが、手術はもうしたくない。

漢方薬服用後)
3日服用後、腫れが大きくなってきて不安になり、受診して穿刺したと連絡あり。痛みが強くなければ、穿刺せずに漢方薬を続けて様子をみてもらうように伝える。
7日服用後、便通が良くなり、痛みが引いてきた。腫れはピンポン大。
10日服用後、患部が疼くような感じがして、しばらくすると自壊。その後数日間排膿し、小さなしこりのみとなった。痛みも全くなくなった。

⇒相談者は、過去に開窓術、その後も腫れては穿刺を繰り返していて、一度も自壊をしたことがない方でした。当初、漢方薬で改善するかとても不安だったようで、一旦は穿刺されました。状況を変えるために、信じて漢方薬を続けていただき、発症から20年ではじめて自壊することができました。「自壊して自然に排膿するのはとても体が楽だった、痛い処置をせずにこんなに楽になれるなんて天国でした」とおっしゃられたのが印象的でした。

・再発を繰り返している
・痛い処置や手術を受けたくない

という方はぜひのさつま薬局にご相談ください。専任の女性薬剤師が親身なってお悩みに対応します。バルトリン腺疾患の症例多数、今の状態に適した漢方薬を選ぶことで、症状が改善し、再発や痛い処置を繰り返す状況から抜け出せると思います。 詳しくは⇒バルトリン腺漢方相談