来局時29歳 医学的な不妊の原因:男性不妊:精液量0.4ml、精子濃度776万/ml、運動率19.71%
1人目を希望し1年
○来局時の不妊治療歴:なし

漢方による原因分析)
○足の冷え、足のむくみ、生理期間のFSH11.54・次の周期も11.34と生理周期がやや遅いなどから腎虚

方針)顕微授精の成功率を高めるため、ご主人は補腎活血し、奥様は補腎をして、ご夫婦で体づくりをしていく。

改善結果)
奥様は、牡蠣肉製品。ご主人は、牡蠣肉製品と丹参製剤で開始。
3か月目、ご主人の数値が改善し、成熟卵を5個採卵、全て正常授精した。うちの1個は新鮮胚移植。2個胚盤胞にて凍結。その周期では妊娠(-)。
4ヶ月目、凍結胚移植し、妊娠(+)。胎嚢、心拍確認、奥様は牡蠣肉製品を継続。経過順調。

ご主人の数値が以前より改善した(具体的な数値は不明)こと、奥様もしっかり漢方で体づくりをして治療を始めたことが、1回の体外受精での妊娠に繋がったと思います。

来局時27歳 医学的な不妊の原因:AMHが低い(0.57ng/ml:40代の数値)、男性不妊:精子濃度・運動率・奇形率ともに測定不能
1人目を希望し1年3ヶ月
○来局時の不妊治療歴:なし、病院からの漢方薬(当帰芍薬散)を服用していた

漢方による原因分析)
○お腹・腰の冷え、足のむくみ、腰痛、無苔暗紅、低AMH、FSH19.3、アトピー性皮膚炎や鼻炎などから腎虚
○手足先の冷え、睡眠の質が悪い、めまい、のぼせ、ひどい生理痛、舌下静脈怒張、数脈などから血虚による瘀血

方針)体外受精の成功率を高めるため、補腎と養血化瘀。ご主人は精子の質を良くするための補腎活血

改善結果)
奥様は、牡蠣肉製品、当帰製剤、折衝飲の組み合わせ。ご主人は、牡蠣肉製品と丹参製剤を服用していただく。
その後、体外受精を開始し、1個だけ採卵でき顕微授精。順調に分割し凍結胚移植、妊娠反応。担当医師からは「たった1個の卵で妊娠できたなんて、お腹の中にいる子はミラクルベイビーだね」と嬉しい報告。妊娠9週で不妊専門クリニックを卒業。安胎のため牡蠣肉と当帰製剤を続けたいといわれ継続中。

ご夫婦ともに検査値が悪く体外受精でも難しい状況なので、妊娠率を少しでも良くしたいと、ご夫婦で漢方薬を服用されました。
不妊治療経験がないご夫婦だったので、漢方薬の服用で治療が成功したと言い切れないところもあるかと思いますが、不妊治療専門の医師が、「ミラクル」と表現された妊娠。漢方薬が奇跡を起こすことに寄与できたのではと考えています。

男性不妊に対しては、有効な西洋医学的治療法が確立されていません。
病院から八味地黄丸や補中益気湯などの漢方薬を処方されている場合もありますが、ほとんどの方は効果を実感していません。

ですが、これまでの経験から、漢方は男性不妊と相性が良いと思います。
特に精子濃度・運動率を改善したいということであれば、比較的短い期間で数値を改善できる場合が多いです。さつま薬局では、なるべく短期間で成果をだす為に積極的に動物性生薬を使用しています。※動物性生薬は保険適応がなく病院では処方することができません。
動物性生薬は高額なのではと心配されるかもしれませんが、男性の場合の費用は女性に比べると少なめです。

男性不妊 漢方での改善症例

【相談者 35歳】 精子濃度・運動率が低く、顕微授精を3回するが上手くいかない
漢方2ヶ月服用
精子濃度⇒約5倍
運動率⇒約3倍
漢方薬代 は12,100円/月
その後の顕微授精でグレードの良い受精卵が複数個でき凍結。その後は奥様の凍結胚移植をサポートし無事妊娠・出産。

【相談者 31歳】 精子濃度が低い 基準値の1/20以下の数値
漢方4ヶ月服用
精子濃度⇒約5倍
総精子数⇒約4倍
漢方薬代 は15,200円/月
その後の顕微授精で受精卵を凍結できた。その後は奥様の凍結胚移植をサポートし無事妊娠・出産。

男性不妊の悩みを漢方薬で解決できます。
漢方薬の料金は30日分14,000円(税抜)~です。(ご予算・症状により)
電話相談・代引き配送も承ります。(鹿児島本店 電話099-800-4339)直接来局される場合は事前にお電話ください。
相談料は無料
です。お一人で悩まずにお気軽にご相談ください。