医学的に原因のない不妊や病院治療がうまくいかない方は、単に受精の確率や治療法の善し悪しだけの問題ではありません。妊娠出産において最も大切なカラダの状態が整っていなければ、最新の治療であっても成果をだすことは難しいのです。

大切なのは、

  1. 妊娠できる体を作る 
  2. 出産まで赤ちゃんを支え妊娠を継続できる体を作る 
  3. 出産後に育児に耐えられる体を作る 

つまり、赤ちゃんを授かるには、不妊体質を改善し、お母さんになるためにきちんと体を作っておくことです。漢方と病院不妊治療との最大の違いは、「なぜ妊娠できないのか」ではなく、「どうすれば妊娠できるのか」を考えることです。

東洋医学で考える「妊娠しやすいカラダ」「妊娠しづらいカラダ」

妊娠するために必要な条件とは、妊娠の成立のために良好な子宮環境、ホルモン活動のエネルギー源となる腎精の充実、卵胞の成熟を支える十分な血液や栄養、そして流産しないように漢方薬がしっかりと吸収され効果を発揮できるための体力などがバランスよく機能する状態であるといえます。

東洋医学では、病気は「五臓六腑」の変調によって起こるとされています。五臓六腑の働きは、代謝・自律神経・ホルモンの3つの働きにより支えられています。この3つの働きが良好で、かつバランスがとれた状態により、十分に内臓が機能し、カラダが持つ本来の妊娠力を発揮することができるのです。

五臓六腑の働きが1つでも停滞すると“妊娠しづらいカラダ”に

この代謝・自律神経・ホルモンのどれか1つでも働きが停滞したり、バランスが崩れたりすると内臓機能が低下し、妊娠に特に必要な「肝・腎・脾」の働きが十分に発揮できなくなります。すると、子宮環境・卵子や精子・ホルモンバランスに不調をきたし、“妊娠しづらいカラダ”になってしまうのです。

五臓六腑の働きを良くすることで“妊娠しやすいカラダ”へ

“妊娠しやすいカラダ”の基本である五蔵六腑のはたらきを良くするには、東洋医学的視点で体質を分析しカラダのバランスを整えていく必要があります。具体的には血液の質を高め、巡りを良くすることで、子宮と卵巣の血流が良くなります。そうすることで、質の良い卵を育て、着床しやすい子宮環境を目指します。

東洋医学的に健康を目指すことで、健康回復のために無駄なエネルギーを使わずにすみ子孫を残すための生殖機能にエネルギーを十分使うことができ、「妊娠しやすいカラダ」へとなります。さらに、お腹の中の赤ちゃんを育てるためにエネルギーを注ぐことが出来るため、妊娠を継続するための力が上がり元気な赤ちゃんを産むことができるのです。