来局時31歳 医学的な不妊の原因:未検査のため不明 
一人目を希望し4年11ヶ月
○来局時の不妊治療歴:なし

漢方による原因分析)
○冷え、夜中のトイレ、舌、脈などから腎虚
○頭痛、末端の冷え、ひどい生理痛(1~3日間痛み止め)、舌などから瘀血
○立ちくらみ、肌の乾燥、眼精疲労、舌から血虚、
方針)養血化瘀、補腎温陽
腎を補い妊娠力をつける亀板膠・鼈甲膠、養血化瘀で四物湯を基本処方とし、まずは鎮痛薬を服用するほどの生理痛がなくなるように白芍を赤芍に変え、活血化瘀の牡丹皮・延胡索・牛膝・紅花・丹参を加味しました。

改善結果)
毎月漢方薬を微調整し、徐々に生理痛による鎮痛薬の服用が減っていきました。半年後には、多い時は3日間服用していた鎮痛薬が必要なくなるまで生理痛が改善。その後も処方を調整しながら、生活改善に取り組んでもらい、7ヶ月目に妊娠。その後、胎嚢を確認。人生初の妊娠に大変喜んでいただけました。
このご夫婦は来局時に検査や治療をされておらず、初回相談時に西洋医学的検査を病院で受けて頂くよう説明しました。ですが、まずは体づくりにきちんと取り組みたいという希望があり、漢方薬を始められました。
5年近く不妊状態だったのが、漢方薬を始めて7ヶ月で妊娠できました。体づくりにきちんと取り組みたいという言葉通り、漢方薬の飲み忘れがなく、ご夫婦で生活習慣改善に取り組んで頂いた結果だと思います。
赤ちゃんを授かる体になるには、極力痛みのない生理を迎えられるようにすることが大切だと改めて感じました。

妊活漢方サプリ 氣宝珠(きほうじゅ)

最新のお知らせ

カテゴリー

田之上晃ブログ
メディア紹介
マイベストプロ鹿児島
さつま薬局 Facebookページ
さつま薬局バルトリン腺炎インスタグラム
さつま薬局オンラインショップ