来局時28歳 医学的な不妊の原因:多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、黄体機能不全、高プロラクチン血症 一人目を希望して1年
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法2ヶ月

漢方による原因分析)
○足の冷え・むくみ、腰痛、生理周期が遅れる、大学生の時2年間無月経だった、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、黄体機能不全、喘息、基礎体温などから腎虚
○頭痛、末端の冷え、経血の塊、イライラしやすい、右卵管狭窄、ひどい生理痛、脈、舌、基礎体温から瘀血
○頻繁にできる口内炎、厚舌苔胖大舌から脾虚体質
方針)養血化瘀、健脾補腎
肝腎を補い妊娠力をつける亀板膠・鼈甲膠と養血化瘀健脾で芎帰調血飲を基本処方で理気活血の延胡索を加え、益母草を増量。

改善結果)
1ヶ月後、真冬だが朝起きたときに体が温かくなっているのを感じる。同処方継続1ヶ月分。
5ヶ月後。転勤で県外に引越したため漢方薬を3ヶ月間中断していた。久しぶりの来局。基礎体温がギザギザと変動が大きく2層になっていない。不妊治療は休んでいる。35日目だが生理が来るか心配。咳も続いている。環境変化によるストレスと瘀血による無月経を改善するため折衝飲に疏肝の柴胡と肺気の鬱滞を除き下腹部の気の流れを整える桔梗を加えて1ヶ月分処方。それでも生理来ないときは病院受診するよう促す。
6ヶ月後。48日目に生理。生理痛少し。咳あり。ストレスで歯ぎしり。折衝飲に補腎陰の熟地黄麦門冬、疏肝で香附子、解鬱・涼血の川玉金を加える。
7ヶ月後。基礎体温が2層になる。喘息の薬は続けているが咳がでる。折衝飲合養陰清肺湯。
8ヶ月後。以前は3日間痛み止めが必要だった生理痛が1日程度になった。ニキビ、吐き気、基礎体温の低温期が高くなっているので少腹逐瘀湯に袪湿の平胃散。
9ヶ月後。生理痛半日程度。吐き気、咳治まっている。手の乾燥あり。養精種玉方加減。
10ヶ月目に自然妊娠、心拍確認。

医学的な不妊の原因となる病名を多く持っている方です。一時は生理も遅れがちで基礎体温も2相になっていませんでした。県外へ引っ越しで、環境変化によるストレスから体の状態がなかなか整わない時期もありました。こつこつ良いことを積み重ねて、自身の妊娠力を引き出し自然妊娠することがました。ストレスを処理する「肝」と生理痛の原因の「瘀血」を改善することで妊娠に繋がったのだと考えています。

妊活漢方サプリ 氣宝珠(きほうじゅ)

最新のお知らせ

カテゴリー

田之上晃ブログ
メディア紹介
マイベストプロ鹿児島
さつま薬局 Facebookページ
さつま薬局バルトリン腺炎インスタグラム
さつま薬局オンラインショップ