ご無沙汰していました。
久しぶりのブログ更新です。6年に1回ある薬局許可更新を川内店が受けるための準備をしたり、漢方カルチャー倶楽部の準備などしていたらこうなっていました。
早いもので鹿児島店はもうすぐで1年。川内店は12年になります。
ちょっと余裕ができたので、先ほど作った煎じ薬について書きます。

元々はひどい生理痛や頭痛・肩こりの改善目的に煎じ薬を始めた方です。
漢方薬1ヶ月目から疲労感が減り体調が良くなったので喜んでいただきました。
しかし離島の方でなかなか来局できず煎じ薬を飲まないと体調が悪化するとのことです。

今回もちょっと間があきまして、疲労感・不眠などが悪化し咳が少しでて胸が詰まったような感じがするとのことでした。
今までも何度か咳喘息になったことがあるとのことで心配されていました。
肌が乾燥しやすく体質的に陰虚がある方ですが、今回の不快な症状は仕事が忙しく肝気が鬱結し肺を犯すことで咳がでる。また肝火が心を犯し不眠の悪化、気滞からの胸の詰まりや意欲低下がでていると判断しました。
基本処方は、日本で一般的な「薜氏」はなく「医宗」の竜胆瀉肝湯を選びました。
理由は柴胡による疏肝解鬱作用を期待するためです。
一般的には膀胱炎の改善目的で使われますが、不眠や咳の改善目的で今回は使います。
そして燥性が強い黄笒をはずし、平肝潜陽・安神作用のある牡蛎を加えました。
鎮咳作用のある生薬もありますが、西洋薬の咳止めを服用しているとのことなので敢えて加えませんでした。

今回の煎じ薬でまた体調を立て直し、お忙しい仕事を乗り切っていただきたいです。