43歳 医学的な不妊の原因:子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫、潜在性高プロラクチン血症
 1人目を希望し6年
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法24ヶ月、体外受精1回

漢方による原因分析)
○夜のトイレ、足のむくみ、腰痛、首筋のこり、採卵の個数が少ない、舌、基礎体温、希発月経、年齢などから腎虚
○子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫、肩こり、ひどい生理痛、舌、脈、基礎体温などから瘀血

方針)漢方を3ヶ月続けてから体外受精をしたいと希望があり、採卵まで血化瘀<補腎充精。採卵後には血化瘀>補腎充精

改善結果)
煎じ薬は芎帰調血飲第1加減に鼈甲製剤を1日2包。毎月生薬を調整し3ヶ月後には生理痛が軽減。
4ヶ月目、生理予定日を過ぎていたため検査をしたら妊娠反応陽性。その後、胎嚢確認。
安胎処方に切り替える。

この方は、もともとは体外受精を予定していたのですが、その前に自然妊娠されました。
漢方では42歳が腎虚の目安なので漢方薬も最初から補腎の生薬を多めに使用しました。結果から見ると補腎の生薬を増やすことが40代で妊娠するには必要でないかと思います。