来局時41歳 医学的な不妊の原因:なし、AMH40代相応
1人目を希望し3年6ヶ月
○来局時の不妊治療歴:顕微授精3回 (4回胚盤胞移植のうち1回妊娠するが初期流産)

漢方による原因分析)
○体の冷え、手足のほてり、むくみ、腰痛、首筋のこり、疲労感、腎機能障害の既往、脈、基礎体温、年齢などから腎虚
○頭痛、肩こり、生理痛、おしりの痛み、舌、基礎体温などから瘀血
○口渇、肌の乾燥、目の疲れ、生理量が少ない、舌、脈から血虚
○食欲が一定しない、胸焼け、イライラしやすい、舌から肝鬱
方針)活血化瘀、補腎充精、疏肝の漢方薬をしながら、残っている凍結胚を移植するもしくは採卵して移植する予定。

改善結果)
煎じ薬と亀板膠製品を組み合わせて開始。体調、生理、基礎体温など少しずつ改善していく。
4ヶ月後、安胎一号加減の処方に変更し、以前の凍結胚盤胞を移植したが陰性。
5~11ヶ月後、六味丸料合補中益気湯加減と亀板膠製品を調整しながら採卵を2回し、グレードの良い胚が採れる。2回目の移植でhCGが2桁まで上がるが胎嚢確認できず。この頃には長年の悩みであったお尻の痛みが完全に消失した。
12ヶ月目、舌が赤く充血しておりホルモン剤が原因の虚熱と考え地骨皮、清肝と解毒の菊花を加える漢方薬で体を整えながら採卵し胚盤胞を凍結。
13ヶ月目、安胎一号加減にし、凍結胚盤胞移植⇒妊娠反応陽性、その後胎嚢確認。
14ヶ月目、安胎のための補腎と養血の漢方を継続。

年齢が40代で焦りがあると言われていましたが、それでもこつこつと体づくりを頑張って、漢方薬で13ヶ月かけて妊娠されました。
長年悩まれていたお尻の痛みがなくなったことで着床障害の原因となる瘀血が改善できたこと、卵の質を上げるために補腎を続けていたことが妊娠するためのポイントだと考えています。