来局時37歳 医学的な不妊の原因:左卵管閉塞、潜在性高プロラクチン血症、AMH1.67、子宮内膜症
1人目を希望し6ヶ月
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法 1ヶ月 

漢方による原因分析)
○むくみ、低AMH、甲状腺腫、生理周期が短い、肌の色、年齢などから腎虚
○左卵管閉塞、子宮内膜症、生理痛、舌、基礎体温などから瘀血

方針)補腎を2段階で。第一に腎陰を補ったのち、腎陽に取りかかる。加えて活血化瘀。病院治療は継続。

改善結果)
煎じ薬と亀板膠製品を組み合わせて左帰丸合四物湯加香附子益母草の処方で開始。処方調整しながら継続。
7ヶ月後、初めての体外受精、初期胚1個、胚盤胞3個まで育ち1個胚盤胞を移植したが陰性。
10ヶ月後、子宮内フローラの検査でラクトバチルス菌が少ないことが分かり一貫堂竜胆瀉肝湯加益母草紫根と亀板膠製品を継続。
12ヶ月後、凍結胚移植予定のため安胎一号方加減を煎じ薬と製品で組むがすでに排卵していたため移植はキャンセル。
13ヶ月後、排卵が早まらないように党参を減らし補気目的に黄耆を加えて、ストレス対策で香附子を加えて凍結胚移植。妊娠陽性、1週間後に胎嚢確認。35歳以上で1人目のため安胎薬は補腎を重点にした処方で継続。

西洋医学的検査の結果を考慮しながら漢方薬を選んで体質改善をしていくことはとても重要です。体外受精をする前に漢方薬で体を整え妊娠力をつけられたことが、体外受精1回で成功に繋がったのだと思います。