来局時36歳 医学的な不妊の原因:なし、AMH0.7
1人目を希望し5年
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法12ヶ月、人工授精5回、体外受精2回、顕微授精3回 (移植するも陽性反応なし)

漢方による原因分析)
○むくみ、腰痛、首筋のこり、疲労感、耳鳴り、脈、低AMH、年齢などから腎虚
○末端冷え(冬は霜焼けになることもある)、頭痛、肩こり、生理痛、舌、基礎体温などから瘀血
○便秘、目の疲れ、舌、脈から血虚
方針)病院治療を休んでいる間体づくり希望。養血化瘀、補腎充精。

改善結果)
亀板膠製品、丹参製剤、当帰製剤を組み合わせて開始。体調、生理、基礎体温など少しずつ改善していく。
12ヶ月目、生理の状態や基礎体温など良い。病院で子宮鏡検査を受けるが異常なし。
17ヶ月目、亀板膠製品、丹参製剤、当帰製剤、鹿茸製剤を使って周期調節法で服用する。
25ヶ月目、同処方継続。クロミフェン法にて2個採卵。そのうち1個受精卵になり、胚盤胞まで成長させる予定が分割停止。再度採卵するため、卵胞の成長力をつける目的で低温期の亀板膠製品を増量。
27ヶ月目、同処方継続。クロミフェン法にて2個採卵、2個とも胚盤胞まで成長し凍結。
32ヶ月目、漢方薬を始める以前に複数回移植するが妊娠反応がでなかったこと、漢方薬を始めて生理・基礎体温など整っているが2年以上も妊娠していないことから、亀板膠を免疫調整機能で反復着床不全に良い報告のあるシベリア霊芝製品へ変更。
37ヶ月目、同処方継続。凍結融解胚盤胞移植。初めての妊娠陽性反応、その後胎嚢確認。

病院治療を休んでいる間コツコツと漢方薬で体づくりをしてこられました。
漢方薬を始める以前は何度も体外受精・顕微授精をしても妊娠反応がでたことがなく、治療を受け続けることを一旦休んで体づくりをし、再度治療を始められ妊娠されました。期間がかかりましたが無事に妊娠できて本当に良かったです。

体外受精・顕微授精では、妊娠率に最も重要なことは採卵時の年齢であるということがわかっています。
今回の場合、一般的に考えれば、採卵時の年齢が2~3年経過しているということは妊娠する可能性は低くなります。
しかし、漢方薬で体の機能を整えることで、以前と同じ治療で妊娠という結果になりました。
来局時(36歳)に妊娠を希望して5年が経過しており、その間体外受精・顕微授精を複数回試みるも上手くいかななかったことから、体質的にはかなり妊娠しにくい状態だったと思います。妊娠に年齢は重要ですが、成果がでないまま不妊治療を受け続けるより、一旦立ち止まり漢方で体を整えることで、結果的には前進し妊娠できるのではと考えています。