相談時の症状)
5年前に発症。少し腫れている程度で痛くなかった。
2年半前からだんだん大きくなってきたので、バルトリン腺で有名な某漢方薬局で漢方薬を処方してもらい2年間飲み続けた。その間は悪化はしなかったが、腫れの大きさは変わらずピンポン大のままなので服用をやめた。
1週間前から急に大きくなり鶏卵大まで腫れる。痛みはないが、長時間座っていると違和感。生理前にいつも悪化する傾向。

漢方薬服用後)
1ヶ月服用後、腫れが柔らかく大きくなってきた。水風船みたいに中が液体になっている感じ。
2ヶ月服用後、途中でたまたま不正出血があり、婦人科を受診したところ、「バルトリン腺の腫れを穿刺しましょう」と言われ抜いて小さくなった。数日後、みるみる大きくなり、痛みはじめる。自壊する可能性が高いので、患部の腫れ・熱・痛みを鎮め、抗菌作用のある漢方薬を追加したところ3日後に自壊。

⇒最初の1ヶ月で腫れが柔らかく変化しました。痛みもないので、このまま小さくなるように漢方を継続してもらっていました。ところが、予期せぬ穿刺処置をすることになり、おそらく処置がきっかけで感染が起こりテニスボール大まで大きく腫れて痛みがでましたが、自壊して排膿することができました。
別の薬局で2年間漢方薬を続けられ変化がなかったとのご相談でしたので、2ヶ月で自壊して排膿することができ、腫れがなくなったのでとても喜んでいただけました。

慢性的なバルトリン腺の詰まりは、体の水分代謝や血のめぐりが悪く、体に余分な湿気が溜まっていたり、瘀血(おけつ)といって血の滞りがある体質が原因です。漢方薬は体全体のめぐりをよくして、バルトリン腺の開口部の詰まりを改善し、溜まった内容物の排出を促してくれます。

  • 他の薬局で漢方を処方してもらって飲んだが改善しない。
  • 痛みはないが、慢性的に腫れた状態が続いている

という方はぜひのさつま薬局にご相談ください。専任の女性薬剤師が親身なってお悩みに対応します。バルトリン腺疾患の症例多数、今の状態に適した漢方薬を選ぶことで、症状が改善し、再発や痛い処置を繰り返す状況から抜け出せると思います。詳しくは⇒バルトリン腺炎漢方相談