来局時37歳 医学的な不妊の原因:なし 抗セントロメア抗体陽性 やや多囊胞性卵巣症候群(PCOS)の傾向
1人目を希望し10ヶ月
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法2ヶ月

漢方による原因分析)
○生理中の足の冷え、毎日夜中トイレに起きる、膀胱炎の既往、年齢などから腎虚
○生理痛、舌暗紅などから軽い瘀血

方針)補腎と活血で病院治療の効果を上げ妊娠を目指す。

改善結果)
亀板膠製品と芎帰調血飲第一加減去木香加党参の煎じ薬で開始。
2~6ヶ月目、生薬を調整しながらタイミング療法4回と人工授精1回行うが妊娠せず。
7~12ヶ月目、動物生薬を牡蠣肉製品に変更し、煎じ薬と一緒に継続。体外受精にステップアップし初期胚と胚盤胞(AA´)を凍結し移植するが妊娠せず。
13~15ヶ月目、牡蠣肉と芎帰調血飲加人参・丹参・白芍・黄耆・桂枝去烏薬の煎じ薬を継続。再度採卵し、初期胚(グレード1)と胚盤胞(AA、AA´)を凍結。移植して陽性反応がでたものの胎嚢確認できず。
16~30ヶ月目、脈は良い状態。転院して体外受精を継続。抗セントロメア抗体陽性だったため、漢方のアプローチを変更。移植前は牡蠣肉・シベリア霊芝・五味消毒飲製品と当帰阿膠製剤の組み合わせ、採卵前は牡蠣肉・亀板膠製品と当帰阿膠製剤。途中、漢方薬を少し休んで採卵・移植するが妊娠せず。
31~33ヶ月目、再び転院して体外受精を継続。低刺激法で採卵し良好胚盤胞を2個凍結。牡蠣肉製品と当帰阿膠・丹参製剤に切り替え、融解胚移植にて妊娠陽性→胎嚢確認。出産に向け、牡蠣肉製品と安胎薬を継続。

早い段階から漢方に取り組んでいただいたのに、妊娠まで長い期間かかりました。抗セントロメア抗体陽性や多囊胞性卵巣症候群(PCOS)の傾向があったことと、採卵時の卵巣刺激が難しい方だったと思います。とれた卵の数は少なかったものの、結果的には低刺激法での採卵で妊娠することができました。
漢方的には、早い時期から滋陰清熱の生薬を組み合わせて陰と陽のバランスを整えておけば良かったのではと思います。