来局時32歳 医学的な不妊の原因:産後は受診していないが、1人目妊娠前に片側卵管狭窄あり。(1年4ヶ月前に第1子出産)
生理前のイライラが酷い、育児が少し落ち着いたら2人目妊活もはじめたい。
○来局時の不妊治療歴:なし

漢方による原因分析)
育児のストレスによるイライラがあり、とくに生理前は自分ではどうしようもないほどの感情の高ぶりがあり、生理(-)、舌暗紅、脈などから肝血虚からの気滞、
腰の痛み・重だるさ、出産後から咳喘息になった、尺脈は弱のため体質は腎虚

方針)まずは気滞を改善して心身を整えて育児を楽しめるようにする。不調が落ちついたら、2人目妊娠を目指す。

改善結果)
1~8ヶ月、イライラの改善のために逍遙散製剤常用量と牡蠣肉製品を服用。イライラが減り気持ちに余裕がでて、育児を楽しむことができるようになってきた。
9ヶ月目、2人目妊娠を希望し、漢方薬は活血のために丹参製剤3分の1量追加。1人目妊娠前に片側卵管狭窄があったので、様子をみて受診する予定。
10か月目、イライラは気にならないので、漢方薬は疏肝を減らし、補血を増やす。逍遥散製剤3分の1量・丹参製剤3分の1量・当帰阿膠製剤常用量と牡蠣肉製品に変更。病院は受診しておらず。
11か月目、妊娠反応陽性。胎嚢確認。安胎薬を継続。

考察)
漢方では、肝の機能が悪いと必要以上にイライラしやすくなると考えます。相談者は、ママとして一生懸命頑張っていて、育児にストレスを感じていたのだと思います。補血疏肝の処方で、感情面が安定しました。2人目を希望されてからは、少し体への刺激を変えることでより授かりやすくなると考え、処方を変更して対応しました。

妊活漢方サプリ 氣宝珠(きほうじゅ)

最新のお知らせ

カテゴリー

田之上晃ブログ
メディア紹介
マイベストプロ鹿児島
さつま薬局 Facebookページ
さつま薬局オンラインショップ