来局時43歳 医学的な不妊の原因:卵巣嚢腫、子宮筋腫、AMH0.609ng/ml
1人目を希望し6ヶ月
○来局時の不妊治療歴:体外受精1回、顕微授精1回(2回とも卵子に問題があり移植に至らず)

漢方による原因分析)
○むくみ、低AMH、年齢、脈、体外受精、顕微授精で受精卵できないなどから腎虚
○卵巣嚢腫、子宮筋腫、舌などから瘀血
○夜間の中途覚醒、胃痛、舌などからやや肝の疎泄機能低下

方針)自然周期体外受精の成功率を高めるため、補腎と活血を主に。舌苔が厚く食べ過ぎる傾向にあるためまずは食積をとる。

改善結果)
煎じ薬と亀板膠製品を組み合わせて左帰丸合四物湯加香附子丹参山査子陳皮半夏の処方で開始。
1ヶ月目の体外受精で受精卵が育ち移植するも陰性だったが、初めて移植まで進めたので本人は漢方の効果を実感され喜ばれる。
2~6ヶ月、漢方薬は山査子・半夏を抜いて党参・酸棗仁など加えたり、シベリア霊芝など使ったりし、自然周期体外受精を2回行い胚盤胞を凍結。
7ヶ月後、凍結胚移植、妊娠陽性→胎嚢確認。流産予防の安胎薬を継続。その後、心拍確認。→妊娠時は44歳、その後45歳で元気な女の子を出産されました。

この相談者は、以前薬局を経営されていたという自身の母親から「不妊治療するなら漢方も一緒に飲んだ方がいいよ」と強く薦められて来局されました。来局前に2回の自然周期体外受精をしていましたが卵子に問題があり移植まで至らない状況でした。漢方で体づくりに取り組んで少しづつ先に進むようになり、半年かけて良い結果につながりました。年齢が高い方やAMHが低い方の場合、本来の機能を抑制し過ぎないように採卵する自然周期体外受精と、本来の妊娠力を引き出す漢方薬との相性がいいのではないかと思います。

来局時41歳 医学的な不妊の原因:AMH0.64ng/ml、子宮筋腫
1人目を希望し1年9ヶ月
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法3ヶ月、体外受精4回(1回目に妊娠するが8週で流産、その他は移植できるまで育たなかった)

漢方による原因分析)
○冷え、むくみ、夜中トイレに毎日起きる、低AMH、年齢、基礎体温、採卵で空胞が多く受精卵も育たないなどから腎虚
○無苔紅、子宮筋腫、舌下静脈怒張などから瘀血
○夜間の中途覚醒、食欲亢進、便秘、生理前のイライラ、無苔紅舌などから陰虚(やや肝鬱化火傾向)

方針)体外受精の成功率を高めるため、補腎と活血を主に。補陰をメインにしながら疏肝をしていく。

改善結果)
煎じ薬と亀板膠製品を組み合わせて左帰丸合四物湯加茯苓・牡丹皮・香附子・丹参・川玉金の処方で開始。
2ヶ月目、クロミッド法で採卵するが空胞。イライラは改善している。便秘も改善してきているがまだ硬い。低温期が高めなので滋陰清熱を高める。茯苓・香附子・川玉金を知母・女貞子・何首烏に変更。
3~6ヶ月目、漢方薬続けながらカウフマンを2周期して採卵するが受精せず。自然周期体外受精の病院に転院する。
7ヶ月目、補陰を6ヶ月してきたので次の補陽を強化していく、亀板膠製品と牡蠣肉製品に煎じ薬は八珍湯加桂皮・附子・肉従蓉・何首烏・女貞子。自然周期体外受精で3日目の初期胚を凍結。
8~13ヶ月目、漢方薬を調整して、できる周期は採卵して4BCの胚盤胞を2個凍結。
14ヶ月目、牡蠣肉製品とシベリア霊芝製品と煎じ薬は八珍湯加丹参・黄耆・香附子・肉従蓉・菊花で移植に向けた体づくりをする。凍結胚移植→陰性。
15ヶ月目同処方を続けて凍結胚移植し、妊娠陽性→胎嚢確認。その後心拍し、流産予防の安胎薬を継続。

来局以前に、体外受精で妊娠したが流産し、それ以降は採卵が上手くいかない方でした。
漢方薬で体づくりをして採卵がうまくいくようになり、胚盤胞を複数個凍結できました。また、移植にむけて漢方薬で子宮環境を整え、無事妊娠されました。
年齢が高い方やAMHが低い方には、本来の機能を抑制し過ぎないように採卵する「自然周期体外受精」と、本来の妊娠力を引き出す「漢方薬」との併用は、とても相性がよいと思います。

来局時39歳 医学的な不妊の原因:卵巣嚢腫、潜在性高プロラクチン血症、AMH0.34ng/ml、卵巣機能低下(FSHが高い)
1人目を希望し4年
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法6ヶ月、人工授精1回、顕微授精2回

漢方による原因分析)
○体の冷え、足のむくみ、腰痛、首筋のこり、膀胱炎になりやすい、採卵の個数が少ない、舌、基礎体温、年齢などから腎虚
○頭痛、肩こり、ひどい生理痛、舌、基礎体温などから瘀血
○よく汗が出る、胃がもたれる、便秘、疲れやすい、目の疲れ、子宮内膜が薄い、舌、脈から気血両虚

方針)漢方をしばらく続けてから顕微授精をする計画。活血化瘀、補腎充精、補気養血。

改善結果)
漢方製品を組み合わせて服用開始。まもなく生理時に鎮痛剤を飲まないで過ごせるようになる。
6ヶ月後、1回目の採卵。8分割胚(グレード2~3)を1個凍結。
8ヶ月後、脈弱が改善されないため煎じ薬(種子方加減)と亀板鼈甲製品に切り替える。
10ヶ月後に凍結胚移植⇒陰性。
13ヶ月後、2回目の採卵。1個採卵でき授精したが分割が止まる。動物性生薬を紫河車製品と牡蠣肉製品に変更。ご主人も漢方薬の服用を始める。
16ヶ月後、3回目の採卵。2個採卵でき8分割胚(グレード1)と胚盤胞(4BC)を凍結。AMHが低いのでひき続き採卵することに。
19ヶ月後、4回目の採卵。1個採卵でき授精するも分割停止。採卵は中止して移植をすることに。
22ヶ月後、凍結胚移植⇒妊娠反応陽性、その後胎嚢心拍確認。
23ヶ月~出産まで、流産予防の安胎処方を継続。→男の子を出産されました。

30代から数年間不妊治療をして、40歳になるタイミングで漢方薬を始められました。来局以前から顕微授精をされていましたが、AMHが低く、採卵が難しい状況でした。年齢やAMH低いなどで焦る気持ちもあったと思いますが、地道にこつこつと体づくりを頑張って、漢方薬で22ヶ月かけて無事妊娠されました。悪い条件ながら諦めずに努力を続けた結果です。
AMHが低い場合でも、体を整え自身の妊娠力を上手に引き出してあげることで、限られたチャンスを活かすことが大切だと思います。

来局時40歳 医学的な不妊の原因:潜在性高プロラクチン血症、AMH0.31ng/ml、1人目を希望し9ヶ月
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法5ヶ月

漢方による原因分析)
○手のほてり、足のむくみ、首の筋のこり、腰痛、低AMH、年齢、顔の色艶、舌などから腎虚
○子宮筋腫、肩こり、頭痛、舌、脈、基礎体温から瘀血
○汗をかかない、動悸、経血量の低下、舌から血虚
方針)養血化瘀、補腎陰
亀板・鼈甲製品で滋陰潜陽し、煎じ薬は四物湯加丹参・香附子で養血化瘀

改善結果)
服用1ヶ月で肌の状態が改善。
3ヶ月まで漢方薬を続けながら人工授精。妊娠しないため煎じ薬の基本処方を芎帰調血飲とし生薬を加減、補腎温陽の目的で紫河車製品を追加。
4ヶ月継続後、1回目の体外受精。3個採卵できたが受精卵はできず。医師からは不妊治療中止の検討するよう提案されたが、ご夫婦で話し合い不妊治療を続けることに。
紫河車製品⇒牡蠣肉製品(補腎とアミノ酸ミネラル補給)に変更し煎じ薬と併せて服用。
7ヶ月継続後、2回目の体外受精(顕微授精)。2個採卵、内1個受精卵となるも異常卵のため移植できず。
しばらく病院治療を休んで漢方薬のみを続けることにする。
補腎は亀板・鼈甲製品を1日2包、経血量が減っているので煎じ薬には何首烏を追加し継続。その後体調変化に合わせ煎じ薬を調経一号方加減に変更。
11ヶ月継続後、3回目の体外受精(顕微授精)。4個採卵でき、分割胚2個(共にグレード1)と胚盤胞2個。子宮の状態が良くそのまま新鮮胚を2個移植し、妊娠反応陽性。その後、胎嚢・心拍確認。

「病院治療を休んでいる間は、漢方薬を続けていただけでした。こんなに良い結果がでるなんて漢方のおかげとしか思えません。」と言って喜んでいただけました。「初回の漢方相談時に、体質改善は1年かかると先生に言われたけど、その通りちょうど1年で妊娠できましたね。」とも言われていました。
相談者は、年齢や低AMHなどで妊娠を諦めかけたこともあったと思います。私もできるだけ早く成果をだせるようにしていますが、妊娠まで丸1年かかりました。諦めずに、漢方を信じて続けていただいたおかげで妊娠に繋がって良かったです。

35歳 二人目不妊
医学的な不妊の原因:(ご主人)乏精子症、(奥様)卵管閉塞 
○来局時の不妊治療歴:顕微授精3回

ご夫婦共に漢方薬で体づくりした方が良かったが、予算の関係でご主人のみ漢方薬を始めることに。ご主人は以前より病院から処方された八味地黄丸と補中益気湯を服用中。男性不妊の場合、以前は体質を分析してそれに合わせた漢方薬を処方していました。しかし、現在は動物性の補腎の漢方薬を勧めることにしています。比較的短期間で子宝を授かるには、生殖機能を司る腎の機能を高める漢方薬を使うだけで十分です。

 漢方による原因分析)
○精子濃度、運動率が低いことから腎虚

方針1)中国で生殖機能減退改善に使用される海馬補腎丸を日本人の体質に改良した漢方薬を提案。併せて効果を高める養生法を提案。

改善結果)約2ヶ月後の検査では、以前より精子濃度が約5倍、運動率が約3倍に改善。そのまま3ヶ月程度続けて顕微授精。グレード1~2の胚ができ移植するが妊娠せず。その後、約5ヶ月同じ漢方薬を続けて、再び顕微授精。3個の受精卵ができ、うち1個は胚盤胞まで育つ。何回も顕微授精をしてきたが、胚盤胞まで卵が育ったのは初めてとのこと。

方針2)良い受精卵ができたので、移植後に卵が根付いてしっかり育つようお母さんの体を整える処方に切り替え。受精卵が着床してすくすく育つように、肝・腎を補う牡蠣肉と補腎補血のプラセンタ、僅かな活血作用のあるDHA・EPAのサプリメントを併せて服用してもらいました。また、この女性は6ヶ月以上、おやつとして乾燥ナツメを毎日食べていました。ナツメは生薬名”大棗(たいそう)といい、血液を補い体を温めてくれて、葉酸・鉄分を豊富に含んでいます。

改善結果)1ヶ月後、グレード2~3の胚を移植、無事妊娠し胎嚢確認。その後は安胎のために栄養補助食品を継続してもらいました。ご夫婦で協力して、体づくりできたことで目標達成出来たのだと思います。