来局時41歳 医学的な不妊の原因:AMH0.64ng/ml、子宮筋腫
1人目を希望し1年9ヶ月
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法3ヶ月、体外受精4回(1回目に妊娠するが8週で流産、その他は移植できるまで育たなかった)

漢方による原因分析)
○冷え、むくみ、夜中トイレに毎日起きる、低AMH、年齢、基礎体温、採卵で空胞が多く受精卵も育たないなどから腎虚
○無苔紅、子宮筋腫、舌下静脈怒張などから瘀血
○夜間の中途覚醒、食欲亢進、便秘、生理前のイライラ、無苔紅舌などから陰虚(やや肝鬱化火傾向)

方針)体外受精の成功率を高めるため、補腎と活血を主に。補陰をメインにしながら疏肝をしていく。

改善結果)
煎じ薬と亀板膠製品を組み合わせて左帰丸合四物湯加茯苓・牡丹皮・香附子・丹参・川玉金の処方で開始。
2ヶ月目、クロミッド法で採卵するが空胞。イライラは改善している。便秘も改善してきているがまだ硬い。低温期が高めなので滋陰清熱を高める。茯苓・香附子・川玉金を知母・女貞子・何首烏に変更。
3~6ヶ月目、漢方薬続けながらカウフマンを2周期して採卵するが受精せず。自然周期体外受精の病院に転院する。
7ヶ月目、補陰を6ヶ月してきたので次の補陽を強化していく、亀板膠製品と牡蠣肉製品に煎じ薬は八珍湯加桂皮・附子・肉従蓉・何首烏・女貞子。自然周期体外受精で3日目の初期胚を凍結。
8~13ヶ月目、漢方薬を調整して、できる周期は採卵して4BCの胚盤胞を2個凍結。
14ヶ月目、牡蠣肉製品とシベリア霊芝製品と煎じ薬は八珍湯加丹参・黄耆・香附子・肉従蓉・菊花で移植に向けた体づくりをする。凍結胚移植→陰性。
15ヶ月目同処方を続けて凍結胚移植し、妊娠陽性→胎嚢確認。その後心拍し、流産予防の安胎薬を継続。

来局以前に、体外受精で妊娠したが流産し、それ以降は採卵が上手くいかない方でした。
漢方薬で体づくりをして採卵がうまくいくようになり、胚盤胞を複数個凍結できました。また、移植にむけて漢方薬で子宮環境を整え、無事妊娠されました。
年齢が高い方やAMHが低い方には、本来の機能を抑制し過ぎないように採卵する「自然周期体外受精」と、本来の妊娠力を引き出す「漢方薬」との併用は、とても相性がよいと思います。

妊活漢方サプリ 氣宝珠(きほうじゅ)

最新のお知らせ

カテゴリー

田之上晃ブログ
メディア紹介
マイベストプロ鹿児島
さつま薬局 Facebookページ
さつま薬局バルトリン腺炎インスタグラム
さつま薬局オンラインショップ