32歳 医学的な不妊の原因:卵巣付近の癒着 妊娠を希望して1年

○治療歴:タイミング療法・体外受精・顕微授精と続けているうちに体調を崩した。 体外受精の成功率を上げる目的で来局

漢方による原因分析)
○手・お腹の冷え、めまい、耳鳴り、腰痛、基礎体温の安定しない高温期などから腎虚、
○生理の色・塊・ひどい痛みなど、子宮筋腫、一人目を帝王切開、感情の変化、、脈の状態、変動の大きい基礎体温から瘀血、

方針)補腎温陽、活血化瘀の漢方と効果を高める養生法を提案。

改善結果)病院の治療を一時お休みしての体づくりでした。予定している高温期がこないことに不安を感じていましたが、漢方を始めて1か月過ぎてから自然と体温が上がりました。
遠方からほぼ毎月通っていただき、体調もよくなってきました。4か月後治療を再開することになり、移植に備えて体を整えるために処方を追加。
そのあとスケジュール通りに移植を行い、妊娠反応(+)。流産予防のため漢方を続けてもらいました。
2週間後、胎嚢を確認。体調は良いとのことでしたが、過去に流産歴があるので、念のため安胎(流産予防)の処方を提案しました。
妊娠のご連絡を頂いたときは嬉しかったです。 比較的不妊治療期間が短く、早い段階で漢方を試されたことが良い結果につながったのではないかと考えています。
この方のように体外受精と漢方を併用される場合、体外受精のスケジュールに合わせて漢方の処方を調整していくことも大切です。      

妊活漢方サプリ 氣宝珠(きほうじゅ)

最新のお知らせ

カテゴリー

田之上晃ブログ
メディア紹介
マイベストプロ鹿児島
さつま薬局 Facebookページ
さつま薬局バルトリン腺炎インスタグラム
さつま薬局オンラインショップ