病院での検査では異常が無いがなかなか妊娠できない方。
病院治療の効果を上げる目的で漢方薬をはじめました。
1ヶ月経過し、基礎体温にメリハリがつき、月経時の血塊がなくなったとのこと。
今回はさらに瘀血をとるための牡丹皮を追加して他の構成生薬の割合を変えて処方しました。
前回の処方は、どちらかと言えば胃腸機能を整える生薬の割合が多くしていました。胃腸機能と不妊とは無関係に思えますが、漢方では体を全体的に整えて妊娠力を上げていきます。まずは胃腸を整えたほうが漢方の有効成分が効率的に吸収されやすくなり結果的に妊娠力がつきます。
今回は瘀血をとったり補血作用のある生薬を増やしました。

1479345795309-524749144

今から上の生薬を抽出機にかけて煎じ薬を作ります。

検査で異常が無いけど妊娠できない場合は、体に余力が無く、子孫を残すための機能を働かせることができない状態になっています。
漢方薬は、体のバランスを整えることで、眠ってしまった妊娠力を取り戻してくれます。
併せて生殖機能を高める動物性補腎薬を一緒に続けていきます。

妊活漢方サプリ 氣宝珠(きほうじゅ)

最新のお知らせ

カテゴリー

田之上晃ブログ
メディア紹介
マイベストプロ鹿児島
さつま薬局 Facebookページ
さつま薬局バルトリン腺炎インスタグラム
さつま薬局オンラインショップ