相談時の症状)
32年前、19歳の時に発症。再発を繰り返すので、医師に勧められ開窓術をうけたが、その後も再発を繰り返していた。24歳の時に出産して以降は再発していなかったが、最近に27年ぶりに再発して穿刺した。穿刺後は痛みはないが、奥の方に2カ所囊胞ができている。以前のように何度も再発を繰り返したくない。

漢方服用後)
3ヶ月間しっかりと服用してもらい、腫れや痛みのない状態を維持できるようになった。
その後は、様子をみながら調整して服用してもらう。途中1~2回、違和感がでることがあったが、その都度漢方薬で対応し、1年以上再発なし。

相談者は、便秘・子宮筋腫・卵巣嚢腫など漢方ではいわゆる瘀血体質が顕著な方。若い頃発症し、その後症状がなくても、閉経前後で再発する症例は多いです。更年期はホルモンバランスや体の変化に対処しきれず、思いがけず悪化する場合が多いです。漢方は体全体のベースアップして、再発しにくい状態へサポートします。専任の女性薬剤師が親身なってお悩みに対応します。バルトリン腺疾患の症例多数、今の状態に適した漢方薬を選ぶことで、症状が改善し、再発や痛い処置を繰り返す状況から抜け出せると思います。詳しくは⇒バルトリン腺 漢方

妊活漢方サプリ 氣宝珠(きほうじゅ)

最新のお知らせ

カテゴリー

田之上晃ブログ
メディア紹介
マイベストプロ鹿児島
さつま薬局 Facebookページ
さつま薬局バルトリン腺炎インスタグラム
さつま薬局オンラインショップ