来局時34歳 医学的な不妊の原因:なし
1人目を希望し2年
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法6ヶ月、人工授精3回

漢方による原因分析)
○腰痛、高温期の手足のほてり・のぼせ、AMH1.26などから腎虚
○肩こり・頭痛、生理前の感情の変化、生理痛、経血にレバー状の塊などから瘀血
○目の疲れ、肌・髪の乾燥、動悸息切れ、不安な気持ちになるなどから血虚
○胃腸が弱い、食後下痢しやすいなどから脾虚

方針)夫婦ともに検査で異常のない原因不明不妊。妊娠反応がでたことない。人工授精を続けながら妊娠しやすい体づくりをする。

改善結果)
牡蠣肉・亀板鼈甲製品・丹参製品・帰脾湯で、補腎・活血しながら気血を補っていく。
1ヶ月目、生理痛・経血の塊がなくなった。排卵後に手足のほてり・ムカムカ・片頭痛などあり。すでに排卵していて人工授精はキャンセルになった。
2~6ヶ月目、排卵誘発剤を使用しながら人工授精を継続するが妊娠せず。食後の下痢、手足のほてりはあるが、経血量は増えてきた。
7ヶ月目、治療を一旦中止。自分たちでタイミングをとっていた周期で自然妊娠。
8ヶ月目、胎嚢・心拍確認。
その後経過順調でまもなく出産予定。

夫婦ともに検査で異常のない原因不明不妊。来局前から排卵誘発剤を使用してタイミング療法・人工授精をされていたものの上手くいっていない方でした。
もともとの体質は、高温期の手足のほてり・のぼせ、AMH1.26、クロミッドで極端に経血量が減るなど腎虚体質がある方でした。
人工授精を合計7回するも妊娠せず、治療を中止した次の周期に自然妊娠されました。
原因不明不妊の場合、必ずしも不妊治療で上手くいくわけではなく、体質によっては排卵誘発剤などを使用することでかえって体の負担となりバランスが取りにくくなることもあります。
漢方薬をコツコツ続けてきたことで体の妊娠する機能が充実して、自然妊娠で授かることができたのだと思います。

 

 

妊活漢方サプリ 氣宝珠(きほうじゅ)

最新のお知らせ

カテゴリー

田之上晃ブログ
メディア紹介
マイベストプロ鹿児島
さつま薬局 Facebookページ
さつま薬局バルトリン腺炎インスタグラム
さつま薬局オンラインショップ