38歳 医学的な不妊の原因:不明 二人目を希望して1年2ヶ月
○不妊治療歴:タイミング療法14回、

漢方による原因分析)
○手足先の冷え、イライラしやすい舌色から弱い瘀血

また首筋のこり、舌、基礎体温、生理周期が23~24日と短いなどから腎陰虚、舌と流産歴から少し脾虚体質あり
方針)活血化瘀健脾で芎帰調血飲を加減、早く妊娠力をつけるため補腎で動物性漢方製剤

改善結果)
生理初日より漢方薬服用開始。
30日目に再来局。手足先の冷え改善、脈も力があり改善、基礎体温がキレイな2層で高温期が維持されている。妊娠している可能性があるため、処方を養精種玉湯に変え弱い活血作用のある生薬を加える。動物性生薬もより安胎効果の高いものへ変更。
4週間後の来局時に、「今日病院で心拍の確認もできました!」とお喜びの報告をいただきました。
少し悪阻があり、過去2回流産歴があるため、安胎薬である補腎益脾の補腎固衝丸を加減して処方。
順調に経過し安定期へ。

妊娠を希望してから2年以上経過しており、本当に喜んでいただけました。
私も漢方薬剤師としてお役に立てて嬉しいです。
今回予想以上に早い妊娠に繋がったことから、妊娠力をつけるためには、腎虚があまりなくても補腎効果が高い漢方を使うことで早く結果をだせるのではないかと考えました。今後の漢方相談でも追試していこうと思います。

原因不明の不妊症は、原因が分かっている場合と比べて病院の不妊治療で成果がでにくいと考えられます。不妊治療とは別のアプローチである漢方で体づくりをすることで良い結果につながるのかなと思います。