基礎体温が1相のままで病院でカウフマン療法を繰り返していた方です。
漢方薬を続けられて3周期は基礎体温が2相になるようになっていました。
今回の周期は残念ながら1相のままで再度カウフマン療法をすることになりました。

煎じ薬は益五合方を加減、動物製剤は亀板膠・鹿角膠と牡蠣肉で効果がでていたのですが、今回煎じ薬を調整しました。
健脾を利湿のある茯苓から補気作用ある白朮に変更し、補腎活血の牛膝、補肝腎陰の女貞子を加え、調和目的の炙甘草を中止しました。
また体内を整えて妊娠する力を取りもどすことを目指します。
早くこの方にもコウノトリがやってくるよう精一杯サポートいたします。
今下の生薬を煎じています。