30代前半女性、骨髄異形成症候群(MDS)、煎じ薬を初めて約9ヶ月。

漢方薬を開始してすぐに倦怠感などの自覚症状は改善したのですが、その後体調が悪化し3月の検査で血小板が3.7万個/㎕まで低下してしまう。この時期、倦怠感と強い背中の痛みが現れ、日常生活に支障がでる。痛みで睡眠も良くない。

煎じ薬の処方を、血液を作る目的に変更し、煎じ薬と併せて杞菊地黄丸と牡蠣肉エキスを服用してもらったところ、背中の痛みが無くなる。
5月の検査で、血小板数4.5万個/㎕に回復。
その後、血球や血小板を増やす鶏血籐・阿膠・大棗を帰脾湯の加減処方に追加し、7月の検査結果が以下です。
血小板5.8万個/㎕ 赤血球 304万 白血球 5300

血小板数が大幅に回復し、その他の血球数も改善してきました。
先に脾虚の状態を改善させたので漢方薬による検査値の改善の効果が早かったのだと思います。
何より、倦怠感と強い背中の痛みが改善し、日常生活に支障が無くなったと喜ばれました。
この方は血小板の数値が季節により変動があるのですが、前年の同時期よりも良い数値でした。

 

そして、今回の煎じ薬です。
胃腸の調子が良くなってきたので胃腸の生薬を減らし、補血の当帰などの生薬の割合を増やしました。
今後は血小板数が8.0万以上になることを目指します。
もっと喜んでもらえるように漢方薬を科学的視点で運用したいと思います。
西洋医学が苦手な部分を、漢方薬でどこまでサポート出来るか追求していきます。