来局時36歳 医学的な不妊の原因:右卵管閉塞、左卵管狭窄
2人目を希望し4年
○来局時の不妊治療歴:顕微授精2回

漢方による原因分析)
○冷え、白髪、基礎体温などから腎虚
○ひどい便秘、生理前から乳房や下腹部が張って痛い、生理痛、経血の塊、卵管閉塞、基礎体温などから瘀血

方針)2人目を希望してから3回移植して2回妊娠して流産しているため、流産しにくくなるように、活血化瘀、補腎充精で体づくりをしてから凍結胚を移植する。

改善結果)
牡蠣肉・亀板膠・丹参・当帰製品を服用開始。
2ヶ月目、便通がやや改善。便秘がひどく病院からの酸化マグネシウム(緩下剤)を服用していたが錠数が減った。子宮内フローラの結果も悪く、病院からのサプリメントを併用してる。緩下剤を服用しなくてもよい状態を目指す。処方は当帰製品を2.5倍に増量。
4ヶ月目、便通やや改善するもまだ緩下剤が必要、子宮内フローラ・ラクトバチルス菌が0.1→13%に改善するがまだ少ない(90%以上で妊娠率や出生率が改善する報告あり)。当帰製剤を3.75倍量に増量して3ヶ月継続。
6ヶ月目、便通が改善しないため、当帰製剤を5倍量に増量。
7ヶ月目、便通が改善し、緩下剤不要となる。また、子宮内フローラ・ラクトバチルス菌が13→99.8%に改善(90%以上で妊娠率や出生率が改善する報告あり)。次周期に凍結胚移植予定となる。
8ヶ月目、移植予定であったが体調を崩し延期となる。同処方を継続。生理が来ないため受診したところ、自然妊娠しており胎嚢を確認。流産予防のため漢方継続し、その後心拍確認。

以前にさつま薬局の漢方で妊娠された方からのご紹介で来局されました。採卵は問題なくできるものの、移植で流産を2回経験されていました。そのため、治療を続ける前に体を整えようと漢方を始められました。卵管閉塞があり、一人目も体外受精だったので、産婦人科の先生から「自然妊娠できたのは奇跡だ」と言われたとのこと。私達もとても驚きました。体外受精であっても、自然妊娠と同じく余力のある体の状態を目指すことが大切です。余力がある体とは漢方的にバランスのとれた健康な状態です。本来は卵管が塞がって体外受精・胚移植が必要なはずですが、漢方で余力がある状態を作ることで通りにくい卵管が改善され自然妊娠できることを示唆している症例です。