漢方服用後の経過)
3日服用後、便が緩くなった。ピンポン大に大きくなりとても柔らかくなっている。
4日服用後、ズキズキ痛みだした。初めて痛みがでたので不安。漢方薬で代謝・排膿が促されて一時的に痛みがでることがあるので、そのまま服用を継続してもらうように伝える。
20日服用後、徐々にしぼんで、完全に消えたわけではないものの、小さくなりほとんど目立たなくなった。

⇒漢方による変化で、一時的に腫れが大きくなり痛みが出てくる方もいらっしゃいます。この場合、お仕事などへの影響があるようでしたら鎮痛剤を併用されても大丈夫です。漢方薬で代謝を上げて排膿を促していますが、自身の回復する力や免疫力も大切なので、食事や睡眠など生活の養生もアドバイスしました。

  • 痛みはないが、慢性的に腫れた状態が続いている
  • 病院で痛くないなら経過観察と言われた

という方はぜひのさつま薬局にご相談ください。専任の女性薬剤師が親身なってお悩みに対応します。バルトリン腺疾患の症例多数、今の状態に適した漢方薬を選ぶことで、症状が改善し、再発や痛い処置を繰り返す状況から抜け出せると思います。詳しくは⇒バルトリン腺炎漢方相談