来局時37歳 医学的な不妊の原因:なし
妊娠を希望して1年 2人目希望
○来局時の不妊治療歴:顕微授精1回(胚盤胞まで育たず移植できなかった)

漢方による原因分析)
○足のむくみ、くしゃみで尿失禁、年齢、白髪が増えてきた、顕微授精で胚盤胞できない、3年前のAMHが0.99ng/ml、流産歴2回などから腎虚
○卵管狭窄(一人目の時造影検査で診断)、イライラしやすい、紅舌、遅脈から瘀血
方針)顕微授精で妊娠せず。3ヶ月後に自然妊娠したものの8週で流産。病院の不妊検査では異常無い。漢方で体づくり、活血化瘀・補腎をして妊娠をめざす。

改善結果)
牡蠣肉製品と当帰阿膠製剤と丹参製剤を服用開始。
1~2ヶ月目、漢方を開始してから、子供を寝かしつけるときに疲れてそのまま寝落ちしていたのがなくなり、疲れにくくなった。
3ヶ月目、一人目出産後から続いていた尿失禁がなくなる。
4ヶ月目、子供が肺炎で入院し疲労で体調を崩す。生理前のイライラひどい、朝体がきつい。当帰阿膠製品を逍遙散に変更。
5ヶ月目、生理が来ないため受診したところ、妊娠しており胎嚢確認できた。牡蠣肉製品と逍遙散を継続。
その後も、赤ちゃんのためと流産予防で漢方薬を継続。経過順調で安定期に入る。

この相談者は、自覚はないものの出産~育児で心と体を消耗した状態だったと思います。その状態で不妊治療を受けても、余力のない状態で授かりにくいと考えます。漢方薬は体のバランスを整えることで心身の状態を改善します。第2子不妊の場合、出産や育児による心身の消耗をケアして、心と体がバランスがとれた授かる準備ができている状態にすることが大切です。