来局時35歳 医学的な不妊の原因:なし
1人目を希望し3カ月
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法3ヶ月

漢方による原因分析)
○日中のトイレが少なく、夜中にトイレに起きることがある、腰痛、膀胱炎の既往などから腎虚
○睡眠時に目が覚める(毎日)、目の疲れ、便秘、数脈などから血虚

方針)補腎と補血をして、補血の改善後に活血して体づくりをしながら病院治療を続ける。

改善結果)
牡蠣肉製品と煎じ薬の芎帰調血飲加何首烏の処方で開始。
1~3ヶ月目、体調面は改善する。
4~7ヶ月目、生薬を烏薬・白朮を丹参・白芍に変更して継続。不妊治療専門のクリニックに転院し1回目の人工授精で妊娠。
8ヶ月目、牡蠣肉製品と当帰製剤継続。心拍確認後8週で流産。
9~15ヶ月目、牡蠣肉製品と煎じ薬の生薬は微調整しながら継続。人工授精を5回するが妊娠せず。
16~17ヶ月目、肉従容・女貞子など補腎の生薬を加える。体外受精で、3個胚盤胞を凍結。翌周期の移植にて妊娠。その後心拍確認。
18ヶ月~流産予防のために安胎の漢方処方を続けてもらい、無事安定期に入る。

漢方薬で体づくりしてはじめて早い時期に妊娠しましたが、残念ながら流産されました。その後、体づくりを続けながら治療を継続し、1回目の体外受精で妊娠し、不妊治療クリニックを卒業できました。その後も経過が順調です。

体外受精では、1回の胚移植当たりの臨床妊娠率(胎児の心拍が確認できた率)は35歳~39歳では32.0%、分娩率は35歳~39歳では24.7%です。
一度初期流産をしたものの、しっかり漢方で体づくり続けていたことで、1回目の体外受精で妊娠、その後の順調な経過に繋がったのではないかと思います。