来局時31歳 医学的な不妊の原因:なし
妊娠を希望して4カ月 2人目希望
○来局時の不妊治療歴:なし

漢方による原因分析)
○冷え、日中トイレが近い、1人目妊娠時に切迫流産の可能性があったなどから腎虚
方針)妊娠・出産で疲労した腎を元気にして妊娠をめざす。

改善結果)
牡蠣肉製品と亀板膠製品を服用開始。
1~8ヶ月目、同製品服用でタイミングとるも妊娠せず。
9ヶ月目、補血活血も組合せるため亀板膠製品と四物湯加党参・丹参・香附子・炙甘草・桂皮・茯苓の煎じ薬を開始。
10~13カ月目、体調に合わせ煎じ薬の生薬を微調整しながらタイミングとるが妊娠せず。
14ヶ月目、漢方を続けながら病院にて検査すると両卵管閉塞の疑いがあると診断。不妊治療専門クリニックで、再検査し右側卵管は少し通っている可能性あり。
15カ月目、卵管のむくみを取るために煎じ薬を四物湯合桂枝茯苓丸加丹参・香附子・陳皮・炙甘草に変更。2週間後生理が来ないため受診したところ、妊娠しており胎嚢確認。

この相談者は、体調も良く、綺麗な基礎体温だが妊娠できない状態が続いていました。病院を受診し検査にて、卵管閉塞が確認されました。来月から体外受精をしようと思っていたところ、その周期に妊娠することができました。卵管の検査をするメリットは疎通性がよくなることです。漢方薬を併用していれば、卵管の通りが良くなったメリットを活かして、妊娠の可能性が上がると思います。

妊活漢方サプリ 氣宝珠(きほうじゅ)

最新のお知らせ

カテゴリー

田之上晃ブログ
メディア紹介
マイベストプロ鹿児島
さつま薬局 Facebookページ
さつま薬局バルトリン腺炎インスタグラム
さつま薬局オンラインショップ