来局時42歳 医学的な不妊の原因:なし 2人目不妊
○来局時の不妊治療歴:なし 1人目は漢方併用して体外受精で出産している

漢方による原因分析)
○2人目を希望し、1人目の時に採卵した凍結胚盤胞を移植したが陰性。
1人目の妊娠・出産・授乳で血や腎精を消耗し血虚・腎虚のサインが多く現れている。

方針)漢方薬で体を整えてから、再度移植する予定。

改善結果)
1ヶ月目、育児で慢性的な睡眠不足。疲れがとれず余裕がない。予算に合わせて牡蠣肉製品・当帰阿膠製剤を処方。
2ヶ月目、むくみ・肩こり・腰痛など子育ての疲れ続いている。睡眠不足。同処方継続。
3ヶ月目、同処方継続して2回目の胚盤胞移植にて妊娠。そのまま安胎薬を継続。
4ヶ月目、5週に出血があったものの妊娠継続。胎嚢・心拍確認。寝不足・腰痛・肌の乾燥など血虚・腎虚のサインが多く現れているので流産予防で同処方継続。
5ヶ月目、経過順調で不妊治療のクリニックを卒業。漢方薬は同処方を継続。

考察)1人目の時に1回目の移植で妊娠・出産できたことから、2人目の治療では当初漢方薬を飲まずに移植したものの陰性。
産後1年で治療再開したので、体の消耗や不調が多かったので、できるだけ体を回復させ、2人目の妊娠に向けて余力ある体を目指しました。
漢方を服用後の移植で無事妊娠できて良かったです。
相談者から「やっぱり、漢方の力は自分の力を助けてくれますね。育児疲れもあり不安もありますが、体力をつけていきたいです!」と言っていただきました。