体づくりをするときに気をつけて欲しいのが、ほかの人と比較しないでほしいということです。

「あの人はああだったから」とか
「あの人はあれで妊娠できたから」と
余計なストレスになります。

妊娠力の底上げの場合、
自分と他人とは比べようがないです。
自分の体は自分だけのもの。
自分の状態と真摯に向き合い続けることが
妊娠する近道です。

不妊漢方相談では、
(漢方を始める前からの)不妊期間が
長い方は3年以上、
なかには5年以上の方もいます。

不妊状態が長く続いている場合は、
体を整えて妊娠力を底上げしなくてはいけませんが、その場合ある程度期間を考えてもらうようにしています。

漢方での体づくりは
「継続による積み重ね」
によるものだからです。

これは病院の不妊治療と決定的に異なる点です。

漢方薬と養生(生活の見直し)の両面から
体の状態を立て直していきます。

たとえ漢方を始める前より年齢を重ねていたとしても、
持っている力を引き出して妊娠力をあげていくことができます。

妊娠力が低く年齢的にも不利な状態であっても、自分ができることをコツコツと続けて、妊娠・出産された方はたくさんいます。
長く悩まれた方が、体づくりをして無事妊娠されて、妊娠中のフォローをしたり出産報告をいただいたりというのは本当に嬉しいものです。

赤ちゃんを産む力は本来どんな人でも持っているものです。
自分自身の力をうまく引き出すことが重要です。

 

 

妊活漢方サプリ 氣宝珠(きほうじゅ)

最新のお知らせ

カテゴリー

田之上晃ブログ
メディア紹介
マイベストプロ鹿児島
さつま薬局 Facebookページ
さつま薬局バルトリン腺炎インスタグラム
さつま薬局オンラインショップ