男性不妊の方で、精液検査で精液量・精子濃度・精子運動率などが基準値を大きく下回る数値であるため、顕微授精をしなければ妊娠は難しいと診断された方。
「治療前に少しでも良い状態になるように、漢方薬で体を整えたい」というご相談について詳しく解説したいと思います。

漢方を服用することで精液の検査値が少しでも改善すると、質の良い受精卵ができる確率が上がってきます。また、検査値はそこまで変化がなかったとしても、顕微授精で大事なことは精子のDNAの損傷率が低いことです。顕微授精では、見た目で元気そうな精子を選んで受精させますが、見た目で精子のDNAが損傷しているかどうかが分かるわけではありません。
ですので、治療の確率を上げていくためには、漢方薬で体の状態や精巣の血流を良くすることで少しでも質の良い精子を生み出せるようにしておくことが大切です。

男性不妊の場合、生殖機能を上げる動物性の生薬と血流を改善する生薬の組み合わせで、1か月の予算は15,220円~です。
できれば、3か月間はしっかり服用を続けてから治療に臨むことをお勧めしています。

相談料無料、男性薬剤師が担当します。お一人で悩まずにお気軽にご相談ください。本人が来局できない場合でも、併用薬・アレルギーの有無を確認の上、購入していただけますので099-800-4339までお気軽にお問い合わせください。

  • 直接来局できない場合は代引き配送いたします。(電話099-800-4339)
  • 来局される場合は事前にご予約をお願いします。
    ①Web予約:メニューから「【男性薬剤師】男性不妊の漢方相談」を選んで予約
    ②電話予約:鹿児島本店 電話099-800-4339 

※相談中は電話対応できない場合がございます。留守番電話に連絡先を入れていただければ折り返しご連絡いたします。

妊活漢方サプリ 氣宝珠(きほうじゅ)

最新のお知らせ

カテゴリー

田之上晃ブログ
メディア紹介
マイベストプロ鹿児島
さつま薬局 Facebookページ
さつま薬局バルトリン腺炎インスタグラム
さつま薬局オンラインショップ