来局時35歳 医学的な不妊の原因:なし(子宮にポリープあるが着床には問題ない)
妊娠を希望して1年4ヶ月 一人目希望
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法14ヶ月、人工授精2回

漢方による原因分析)
○全身の冷えと寝る前の足の火照り、寝汗、腰痛、夜中トイレ、耳鳴り、紅舌などから腎虚(陰>陽)
○生理量少ない、目の疲れ、動悸などから血虚
○生理痛、子宮のポリープなどから瘀血
○便の硬さが変動する、生理前の乳房の張った痛み、頭痛、紅舌、以前高プロラクチン血症などから肝鬱
方針)漢方で体づくりをしながら病院治療を併用していく。腎陰を中心に疎肝・養血化瘀をして、妊娠する力をつける。

改善結果)
牡蠣肉製品と亀板膠製品と煎じ薬の芎帰調血飲加赤芍・丹参・炒麦芽を服用開始。
2ヶ月目、便が硬いため生薬の割合を調整。その周期の人工授精で妊娠。胎嚢確認。

タイミング療法を1年以上続け、人工授精を2回しても妊娠できなかったのですが、漢方を開始して1回目の人工授精で妊娠できました。体質に合わせた漢方薬を服用して体の状態を整えることで、人工授精の妊娠に寄与できるとを示唆する症例でした。

妊活漢方サプリ 氣宝珠(きほうじゅ)

最新のお知らせ

カテゴリー

田之上晃ブログ
メディア紹介
マイベストプロ鹿児島
さつま薬局 Facebookページ
さつま薬局バルトリン腺炎インスタグラム
さつま薬局オンラインショップ