来局時42歳 女性 医学的診断:自律神経失調症・過剰適応・チョコレート嚢胞
主訴)無気力、片頭痛、喘息、アレルギー
現病歴)4年前から生理前の不調・疲労感・息苦しさなどの不調に悩まされ、婦人科・呼吸器科・皮膚科・心療内科などを受診し、抗うつ剤・当帰芍薬散・桂枝茯苓丸・吸入薬・抗アレルギー剤などを服用。漢方クリニックにも通って漢方薬を服用したが、息苦しさ・無気力・片頭痛などの不調が改善しない。今は抗アレルギー剤2種を継続している。

漢方医学的所見)
自覚症状)冷え。汗をほとんどかかない。睡眠中に目が覚める。げっぷがよく出る。むくみ。首筋のこり。白髪・抜け毛が多い。目の疲れ・充血。生理前の頭痛。
他覚症状)舌紫、無苔、裂紋、尺脈細弱

改善結果)腎虚と瘀血を考え、補腎は免疫調整作用があるシベリア霊芝、活血は丹参製剤を服用(1カ月分約20,000円)。2か月継続して、無気力・冷え・頭痛が改善。
体質の根本にある腎陰虚を改善するために、丹参製剤の量を半分にし、補腎をシベリア霊芝→亀板膠製品に変更、当帰阿膠製剤を追加。3カ月継続して、無気力・片頭痛・喘息・アレルギーの不調がなく過ごせるようになる。
その後漢方薬は、体調に合わせて調整しながら服用し、1年以上体調が安定している。

考察)他覚所見では陰虚が目立っていたが、補陰作用の強い処方は瘀血を停滞させやすいため、瘀血を軽減してから使うことが効果を出すためのポイントです。

妊活漢方サプリ 氣宝珠(きほうじゅ)

最新のお知らせ

カテゴリー

田之上晃ブログ
メディア紹介
マイベストプロ鹿児島
さつま薬局 Facebookページ
さつま薬局バルトリン腺炎インスタグラム
さつま薬局オンラインショップ