相談時の症状)
3年前からピンポン大の腫れがある。痛みがないため病院では経過観察と言われている。自身で購入した漢方薬(桂枝茯苓丸・竜胆瀉肝湯)を6ヶ月間服用したが変化がない。
2ヶ月前から徐々に大きくなってきているので不安。

漢方薬服用後)
1ヶ月服用後、腫れが少しだけ小さくなり、表面の硬さが柔らかく感じる。
2ヶ月服用後、大きさは変わらないが、硬さは日によって感じが違う。
3ヶ月服用後、大きさは変わりないが、かなり柔らかくなってきている。ぷにぷにする感じ。
4ヶ月服用後、大きさが一気に小さくなった。ピンポン玉⇒ビー玉の変化。

相談者は、自分で市販の漢方薬を服用されていましたが、改善せず、なんとか腫れを小さくしたいとご相談くださいました。
慢性化した腫れの場合、内容物の粘度が上がって、腫れが動きにくくなっているため少し時間がかかる場合があります。品質が高い生薬をこつこつ続けていくことで、柔らかく小さくしていくことができます。

  • 自身でネットで調べて市販薬の竜胆瀉肝湯・排膿散及湯・十味敗毒湯などの漢方薬を試したが変化がない、改善しない。
  • 痛みはなく、慢性的に腫れた状態が続いている。いつか痛くなるのではと不安。

という方はぜひのさつま薬局にご相談ください。専任の女性薬剤師が親身なってお悩みに対応します。バルトリン腺疾患の症例多数、今の状態に適した漢方薬を選ぶことで、症状が改善し、再発や痛い処置を繰り返す状況から抜け出せると思います。詳しくは⇒バルトリン腺 漢方

妊活漢方サプリ 氣宝珠(きほうじゅ)

最新のお知らせ

カテゴリー

田之上晃ブログ
メディア紹介
マイベストプロ鹿児島
さつま薬局 Facebookページ
さつま薬局バルトリン腺炎インスタグラム
さつま薬局オンラインショップ