おねしょが毎晩ある。
病院治療で内服薬(デスモプレシン酢酸塩水和物、ソリフェナシンコハク酸塩)を2年間服用してきたが改善がみられない。
6年生の修学旅行までに改善したい。

飲みやすいシロップ製剤を処方。
1ヶ月後、おねしょの回数が、毎晩から週に2回に減少。漢方を飲むと体が温まる感じがする。漢方薬の味もストレスなく続けられている。
3ヶ月後、おねしょがほとんどなくなった。寝る前に水分を多く摂ってしまった時以外はないので週に1回もないことが多い。漢方を飲むようになって体が温かくなり、以前より食事をよく食べるようになった。おねしょがなくなってきたことで本人も自信がついて、漢方薬をすすんで服用してくれている。

お母様から「体に負担の少ない、娘に合ったを方法を試したい」とご相談いただきました。
来局前に、病院の内服薬を2年間続けていたものの改善がみられず、薬を服用するための水分摂取制限がきついことや、副作用で学校で体調が悪くなることもあり、病院治療を中止されていました。

病院のお薬は脳に作用して利尿機能を抑制するものですが、漢方薬は成長や発育に必要な「腎」を元気にして、膀胱機能が充実する手助けをします。
こつこつ続けて体ができてくると自然とおねしょが減ってきます。

病院治療が続けられず、藁をも掴む気持ちで漢方を始められて3ヶ月、「修学旅行に不安なく参加できます」と、とても喜んでくださいました。

おねしょの原因はいくつかありますが、小児の場合おもに体の発育・成長と関係します。
漢方薬は体の機能を自然に上げて健やかな発育を促してくれます。さつま薬局では、動物性の補腎製剤を処方いたします。これは副作用の心配も少なく、甘くて飲みやすいシロップです。(動物性の補腎製剤は保険適応がなく病院では処方することが出来ません)
漢方薬は即効性がないと思われているかもしれませんが、動物性の漢方薬は比較的早く効果が現れる方も多いです。

おねしょの悩みを漢方薬で解決できます。
漢方薬の料金は、小学5年生の場合:15日分4860円(体重・年齢・症状により変わります)

  • 直接来局できない場合→電話相談・代引き配送を承りますのでまずはお電話ください。(鹿児島店まで 電話099-800-4339)
  • 来局される場合→事前にご予約を。
    ①Web予約(鹿児島店のみ):メニューから「おねしょ・夜尿症の漢方相談」を選んで予約
    ②電話予約:鹿児島店 099-800-4339 川内店0996-20-0324

相談料は無料です。お気軽にご相談ください。中学生以上は鹿児島店へお願いします。

さつま薬局のおねしょの漢方相談例は⇒コチラ

妊活漢方サプリ 氣宝珠(きほうじゅ)

最新のお知らせ

カテゴリー

田之上晃ブログ
メディア紹介
マイベストプロ鹿児島
さつま薬局 Facebookページ
さつま薬局バルトリン腺炎インスタグラム
さつま薬局オンラインショップ