来局時53歳 女性 医学的診断:耳鼻科を受診したが不明
主訴)黄色の鼻汁が喉におちてきてイガイガする(後鼻漏)、鼻詰まり
現病歴)時期は不明だが、風邪をひいた後に鼻汁と後鼻漏が続いている。病院で風邪薬、アレルギー薬などを飲んだが改善しないため来局。

漢方医学的所見)
自覚症状)疲れがとれない、冷えあるが、夜足がほてる、夜トイレに起きることある、便は2日1回で硬い、むくみ、左耳鳴り
他覚症状)舌暗紫・厚白苔、舌下怒張、脈数滑、

改善結果)風邪侵入後に化火し、肝経湿熱による鼻淵と弁証。瀉火利湿エキスと浸膏鼻炎丸料エキスを1か月分。服用数日で鼻症状が改善したとのこと、残薬は減らして調整して続けるよう指導。

考察)鼻淵とは、鼻から濁った鼻汁がしみ出るように多量に流出して止まらないことを主とする鼻疾患(1)である。鼻淵には浸膏鼻炎丸料エキスを単剤で使用したくなるが、寒熱の弁証により治療効果が変わってくる。浸膏鼻炎丸料エキスは、主薬である蒼耳子が温性のため、証の熱性の程度に対応して清熱薬を加えて使用したほうがよい。

参考文献
(1)全訳中医耳鼻喉科学第2刷、たにぐち書店

妊活漢方サプリ 氣宝珠(きほうじゅ)

最新のお知らせ

カテゴリー

田之上晃ブログ
メディア紹介
マイベストプロ鹿児島
さつま薬局 Facebookページ
さつま薬局バルトリン腺炎インスタグラム
さつま薬局オンラインショップ