先のブログリニューアル一回目で「漢方で一発逆転はない」の記事を書きました。
これは、漢方は素晴らしいものですが魔法の薬ではなく、あなた自身が妊娠力を上げていくサポートをする役割だと伝えたかったからです。
ですが、実際は漢方開始1~3ヶ月で授かった方や、もう無理と諦めかけていた方で授かった方も結構いらっしゃいます。
どんな方が一発逆転で授かることができたのか、少し紹介してみたいと思います。

31歳 不妊期間3年 多嚢胞性卵胞症候群 
不妊治療歴)タイミング療法6回 人工授精4回 ステップアップして体外受精を検討している
→漢方薬を始めた翌月に妊娠

不妊期間が数年になる方が、漢方薬開始わずか1ヶ月目で妊娠されることは時々あります。このような話を聞くと漢方薬は魔法の薬のように思えますね(笑)
この方は妊娠力があと少しのところで上手くいかず、足踏み状態が続いていたのです。この場合、漢方薬で少し後押ししてあげることで体が妊娠できる状態になります。
不妊期間が3年と長かったので、体外受精を検討されていましたが、自然に授かることができました。妊娠力が足りない場合は、治療のステップアップだけで解決するのは難しいです。