来局時34歳女性 病名:円形脱毛症 医学的原因:不明 既往:子供の時アトピー性皮膚炎
○来局時の希望:引越しのためストレスで円形脱毛症が後頭部に1個できた。4ヶ月前から頭皮湿疹で皮膚科にて抗アレルギー剤の内服とステロイド軟膏で治療中。1ヶ月前から円形脱毛症ができたので、漢方薬でできるだけ早く良くなりたい。

漢方による原因分析)
肌は乾燥しやすく元来血虚体質。脱毛前に湿疹があり頭皮の状態が悪く、口唇の瘀班やストレスから瘀血により毛母細胞を滋養できず発症。頭皮の瘀血は生じて間もないため早期に瘀血を改善できれば多発型になることを防げる。
方針)通穴活血、補血は補助

改善結果)
通穴活血湯を基本に煎じ薬で調整。赤芍・乾地黄・桃仁・紅花・酸棗仁・菊花・遠志・党参・黄耆・生姜を1ヶ月服用。脱毛部から新しい毛が生え始める。煎じ薬を継続し、新たに脱毛が生じることもなく、長く治療している頭皮湿疹も9割改善し治療終了。

※毛母細胞が一時的に何らかの原因によって障害されることで発症し、栄養障害説、遺伝説、ストレス説など考えられているが原因は不明となっている。治療は、ステロイド外用や塩化カルプロニウム外用、難治例では局所免疫療法、PUVA(光化学) 療法、凍結療法などを行う。と西洋医学ではなっている。(あたらしい皮膚科学第2版,中山書店)

中医学では原因は、血熱・瘀血・気血両虚・肝腎不足などから毛根が滋養を受けることができずに、頭髪が抜け落ちるとなっている。治療は原因に合わせた方剤の内服と桂枝、紅花などのチンキ剤を一つ或は複数を交互に外用する。(中医皮膚科学,東洋学術出版社)
当薬局は内服薬のみで肌の異常な状態を体の内側から改善していくことを目標にしている。赤みや痒みがある炎症疾患であれば数日で軽減させていくことを目標にしているが、円形脱毛症の場合は炎症がないため数ヶ月かけて軽減させていことを目標にしている。

瘀血は時間経過とともに排除しにくくなり、更に脱毛部が広がっていく。今回のように、発症してすぐに瘀血に対処できると症状の回復が早くなる。

 

18歳女性、ニキビ(尋常性ざ瘡)で6年。
病院でナジフロキサシンクリームやアダパレンゲルなどで治療されているが改善しないため、根本的な体質改善希望で来局。
ここ最近は毎日口囲に白い膿をもったニキビができるようになりひどくなってきている。
所見)口囲は白い面ぽうで他は赤い丘疹が多くニキビ跡は赤紫色のゴツゴツした肌、舌暗紅色、脈浮滑
方針)清熱袪湿を主に徐々に化瘀を強めていく
処方は一般的な清上防風湯を加減しました。温性の強い白芷を除き活血の丹参、整皮の薏薏仁を加え15日分。
漢方薬の味を心配していたが問題なく服用でき、新しいニキビができにくくなってきた。
尿の回数も増えているため同処方を継続。

新しいニキビができない期間が続いたため4ヶ月で治療終了。

26歳 女性 アトピー性皮膚炎で17年間悩んでいる。
皮膚科でザイザル錠5mg、プロトピック軟膏、アンテベート軟膏、リンデロンV軟膏などで治療中、過去に漢方薬を病院から処方されたことがあるが改善しなかったため中止した。
症状を軽減させてステロイドなどの使用を減らしたい。
皮膚所見は赤みあり、汗をかくと痒みが増す。全身の所見を診ると体質は肝腎陰虚。

治療方針:清熱袪湿(熱>湿)、落ち着いてきてから養肝補腎
処方は清皮湯の清熱の割合を高めるため白朮・茯苓・ヨクイニンを減らし、清熱解毒目的で紫根を加える。
漢方薬を半月続けたあと一ヶ月間様子を見たところ、漢方薬を飲んでいる時の方が痒みが治まっているので、服用を再開する。
時期的に湿気が増してきたため、上記処方に利湿の蒼朮を加えた処方を1ヶ月服用してもらったところ、ステロイドの使用頻度が今までの半分になり、去年の同じ時期よりも症状が落ち着いている。

同処方をさらに1ヶ月続けて改善したので治療終了。

原因不明で下肢に再発を繰り返す湿疹のお悩みです。
病院のツ〇ラ消風散を服用したことがある方です。症状が酷いときはステロイド外用剤を使用していました。
かゆみのある紅色の湿疹を繰り返し、舌苔が少し厚みがあるため風湿熱が原因と考え、消風散加減を処方。

1ヶ月後、赤みや痒みは改善しているが、舌苔の厚みは変わらず黄色が少しでてきているので、温清飲合インチンコウ湯加タンジンヨクイニンに変更。
2ヶ月後、湿疹消失続いている。その後3ヶ月継続して治療終了。

1465796418278-936340782