55歳 女性 潰瘍性大腸炎と診断され総合病院で薬物療法を受けていました。
最近病状悪化のため入院し、手術を勧められるようになったため漢方相談に来られました。
長期で続く1日5~6回の下痢・血便や厚舌苔は脾虚困湿にストレスで悪化したり弦脈から肝脾不和が起きていると判断しました。
処方内容は補中益気湯合要瀉痛方の煎じ薬と出血がある間は田七人参を加えてもらいました。
1ヶ月服用後に出血や痛みも治まり、検査値もCRP8.04⇒1.54、Hb8.1⇒10.0に改善。
排便回数はまだ多く、舌苔の厚みも続いているため防風から理気止痢を目的に縮砂・木香に変更して2ヶ月服用。
炎症が治まり手術はしなくてもよいと医師から言われたとのこと。
たまに出血があり暗紅舌と久病から瘀血を改善する目的で縮砂・木香から延胡索に変更して2ヶ月継続して終了。

妊活漢方サプリ 氣宝珠(きほうじゅ)

最新のお知らせ

カテゴリー

田之上晃ブログ
メディア紹介
マイベストプロ鹿児島
さつま薬局 Facebookページ
さつま薬局バルトリン腺炎インスタグラム
さつま薬局オンラインショップ