着床前検査(PGT-A)については、2022年4月の不妊治療の保険化に伴い、日本産科婦人科学会で先進医療の申請を行なっていました。
しかしながら、申請していた先進医療Aから除外され、かなりハードルが高い先進医療Bでの申請を行うようにとの指示があり、今後の先行きが不透明となりました。
(いずれ保険適用となるかもしれませんが、数年以上かかり、結果次第では保険採用とならず先進医療B自体もなくなる可能性もあります)

日本では保険治療と自由診療を合わせる混合診療は、原則として認められていません。保険化に伴って従来の助成金制度も廃止されるため、4月以降に着床前検査(PGT-A)を行う場合は、体外受精/顕微授精・胚移植の過程から着床前検査まで、全額自己負担となります。

日本産科婦人科学会からの説明

関連の過去ブログ 「着床前検査」(PGT-A)と漢方で妊娠・出産

 

 

 

妊活漢方サプリ 氣宝珠(きほうじゅ)

最新のお知らせ

カテゴリー

田之上晃ブログ
メディア紹介
マイベストプロ鹿児島
さつま薬局 Facebookページ
さつま薬局バルトリン腺炎インスタグラム
さつま薬局オンラインショップ