56歳 男性 骨髄異形成症候群(MDS) 

数年前に骨髄異形成症候群(MDS)との診断され、経過観察していたところ、一年前から血小板数の減少傾向が顕著になり連続して低下している。7.5→4.0 
自覚症状は、食欲あり元気だが以前より疲れやすい。不正出血なし。

造血のために重要な補腎薬を中心とした組み合わせの漢方薬(自社の牡蠣肉・栄養素配合製品、鹿茸製品・亀板鼈甲製品)を毎日服用していただき、造血機能の回復を目指す。

《漢方服用前の検査値》
2022年9月 血小板4.8(1年以上血小板数の減少傾向が続いており、ここ1年は4万台を推移)

《漢方服用後の検査値》
2022年10月 血小板5.1 (通院している鍼灸院で脈がよくなっていると言われる)
2022年11月 血小板5.6 (数値が2回続けて上昇したのは始めて)
2022年12月 血小板5.2
2023年1月 血小板5.8       

同処方を継続中。
ある程度造血機能が残っていれば、造血のために重要な補腎薬を中心とした組み合わせの漢方薬で、血小板数減少にアプローチして改善できる可能性は高いです。今後も改善傾向が続くようにサポートしていきます。

骨髄異形成症候群(MDS)症例

骨髄異形成症候群(MDS)の悩みに漢方療法で対応します。(定期的に輸血をされていない方のみ)
漢方薬の料金は約30日分9,720~61,440円です。(予算・症状により)
電話相談・代引き配送も承ります。
まずはお電話ください。(鹿児島本店 電話099-800-4339)

妊活漢方サプリ 氣宝珠(きほうじゅ)

最新のお知らせ

カテゴリー

田之上晃ブログ
メディア紹介
マイベストプロ鹿児島
さつま薬局 Facebookページ
さつま薬局バルトリン腺炎インスタグラム
さつま薬局オンラインショップ