来局時32歳 不妊期間:5年6カ月 1人目不妊
医学的な不妊の原因:多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
○来局時の不妊治療歴:タイミング療法不明、人工授精不明、体外受精・顕微授精1回で胚盤胞4個凍結し3回移植(妊娠反応はあるが臨床妊娠なし)

漢方による原因分析)
○冷え、夜中のトイレ、右下肢神経痛、PCOS、良好胚盤胞を3回移植し妊娠0などから腎虚
○生理前の頭痛、経血に塊あり、周期により生理痛ひどい、PCOS、舌辺暗紅、舌下静脈怒張などから瘀血
○ストレスで寝付きが悪い、あくび・ため息がよくでる、舌辺暗紅などより肝鬱体質

方針)目標は、最後の凍結胚盤胞移植で妊娠率が高められるようにすることと。また、もし妊娠しなくても、次の採卵でより質の良い卵ができるようにすること。そのために漢方では、疏肝をしながら補腎・活血をしていく。
牡蠣肉製品と煎じ薬で芎帰調血飲去白朮・茯苓・大棗加丹参・白芍・熟地黄・桂皮を開始。
改善結果)
2診目、神経痛・睡眠の質改善する。同処方継続
3診目、不妊治療の病院で凍結胚盤胞を移植し、妊娠反応陽性確認。生薬烏薬のみ蒲公英に変更し継続。その後、胎嚢確認でき初めての妊娠。そのまま継続し8週目まで確認。

考察)
良好胚盤胞を移植して妊娠反応はでるものの、胎嚢確認まで進めないことが連続して起こっている。つまり生化学的妊娠(化学流産)を繰り返している状態である。おもな原因は胚の染色体異常であるが、母体側の子宮内膜・凝固異常・免疫異常なども考えられている。
3回移植しても妊娠できなかった方が、漢方薬を服用することで1回で妊娠できたことから漢方薬が化学流産に対して有用であった可能性が高い。また漢方薬は牡蠣肉と芎帰調血飲の組み合わせが補腎・活血・理気・健脾ができるので最適であり、体質に合わせて生薬を加減することで効果が高まったと考えている。
参考:生化学的妊娠と不育症.臨床婦人科産科2017.No.9:800-804